読後感:インビジブル 誉田 哲也

警視庁捜査一課册事犯捜査係の警部補・姫川玲子が新しく捜査本部に加わることになったのは、ひとりのチンピラの惨殺事件。組同士の抗争が疑われたが、それほどのヤクザでもないことが分かってきた。しかし被害者の関係で4課と1課で捜査を始め捜査が膠着状態になったころ、1課に対して捜査線上に「柳井健斗」という名前が浮かんでも、決して追及してはならないと上層部から奇妙な指示を受ける。何故なら、事件に「柳井健斗」が関係していた場合、過去の警察の捜査の失敗が明るみに出てかなりの警察関係者が辞めなければならなくなる、とのこと。しかし、警部補・姫川玲子がおとなしくしているわけが無く、周りの同僚達も珍しく上層部からの奇妙な指示に対しての反発から大目に見てくれたので独自に捜査を開始する、今回彼女は珍しく男に恋をする、しかしその男はヤクザの親分、結果は?
物語の結末は残念ながら、「大騒ぎした割りにはこんなものですか?」的で少し残念。
この本を読んでいて、どこかで読んだ事があるような気がしたので調べてみると、この姉妹作がテレビドラマになっていました。その本も読んでみようか!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック