読後感:世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか 菅原琢

『2009年総選挙で自民党はなぜ大敗したのか』を分析した、なかなか面白そうな本なので読んでみました。
あの当時、マスコミは「小泉・竹中の構造改革によって格差が広がり、また地方経済が疲弊した結果、国民が反発した」と言う様な“小泉・竹中バッシング”を、2009年の衆院選で民主党が政権交代を成し遂げるまで執拗に行なった結果、自民党は大敗したことになっているが、実際は、自民党がマスコミ情報に惑わされたり、自分の選挙に有利になると思い込み、依然として利益誘導的な考えから、国民が応援した小泉改革に否定的になり、安倍総理が郵政民営化反対論者の復党を認めたときから支持率の急降下が始まり総選挙の大敗に向かい始めた、と言う事を統計データで具体的に分析しています。
実際、政治音痴の私の妻でさえ、当時の安部総理の「おかえりなさい。」の言葉の映像を見たとたん「冗談じゃない。総理たるものが八方美人でどうする。トップに立つものは常に、国民と国の利益だけに心を砕き常に孤独に耐えられる人間でなければならない」などと、怒っていた。
それはさて置き、私は、このマスコミが当然のように前提として言う“構造改革否定論”にたいへん疑問を持っている。逆に構造改革が十分に行われなかったこと<その事>の方が重大な問題だと思っている。郵政民営化反対論についても、マスコミが田舎の一人暮らしの老人の限定的な問題を一般論的に大きく取り上げ過ぎているだけではないかと思うし、当然の事ながら、どんな政策も政策を実施した後、一定期間が過ぎれば一部見直しをすることは当然であって、その見直しの必要な部分を大きく取り上げ、民営化は失敗だと結論づけるマスコミはおかしいと強く思います。しかも、民営化によって郵便局のサービスはたいへん良くなったと思っている人は圧倒的に多いのではないでしょうか。
この本は、最近の政治問題について、冷静な分析・批判の出来ない頼りないマスコミに比べて数少ない冷静な分析によるよく書かれた本だと思います。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック