テーマ:のだめカンタービレ

驚きの【ベートーベン交響曲 第7番 第2楽章:アレグレット】

最近、私の頭の中では、 この曲、ベートーベン交響曲 第7番 第2楽章 が、鳴り響いています。 そもそもの、きっかけと言うのも、『のだめ』で、お馴染みになった《ベト7》を、野外コンサートで演奏すると言う事で、 にわかクラシックファンのわが夫婦も、これ幸いに聴きに行ったところ・・・・・ もう感動のあらしで、心が『ズトン』と落っこちて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『のだめカンタービレinヨーロッパ第2話』を見て

ドラマ『のだめカンタービレinヨーロッパ第2話』を見て思うこと “のだめ” コンセルヴァトワール 授業開始 アナリーゼの時間を終え、すっかり自信を無くしてしまったの“のだめ”  それはさて置き、BGMの曲名がシーンにピッタリなのが 千秋がエリーゼにくす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『のだめカンタービレinヨーロッパ第1話』を見て

ドラマ『のだめカンタービレinヨーロッパ第1話』を見て思うこと 桃が丘音楽大学の卒業シーンから始まる第1話 (マンガでは“のだめ”は出席日数が足りず、落第 中退) 「のだめ!帰るぞ!」の千秋の言葉が何とも微笑ましい 《新芽時 別れの先には新たなステージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『のだめカンタービレ』第11話を見て

ドラマ『のだめカンタービレ』第11話を見て思うこと 初登場の、“のだめ”の実家には爆笑です      弟の「不良債権」発言から始まり 母の「ばってん!恵からピアノが取ったらナンが残るねん」 兎に角この家族のドタバタした『ボケと突っ込み』は最高です その頃、千秋は佐久間や河野の言った 「ブラームスにコッセルやヨーゼフと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『のだめカンタービレ』第10話を見て

ドラマ『のだめカンタービレ』第10話を見て思うこと コンクールの2次予選を綱渡り状態で、どうにか切り抜けた“のだめ” 二人は、このころからハッキリと 互いに高めあう存在になったことを意識したのではないでしょうか しかし、ブッフォン国際3位の高橋君のキャラは「ドヒャ~!!」です 「いいから早く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『のだめカンタービレ』第9話を見て

ドラマ『のだめカンタービレ』第9話を見て思うこと 10年苦しんだ飛行機恐怖症から脱却できた千秋  それによって、千秋の将来への時間が急速に動き始めます のだめも千秋を追って、ハリセンの特訓を受ける決意を。 (いやぁ~!ドラマって、ほんとにいいですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『のだめカンタービレ』第8話を見て

ドラマ『のだめカンタービレ』第8話を見て思うこと 千秋が飛行機事故でお爺さんを思い出すシーンのBGMが “J.Sバッハ小フーガ短調BW578” 複数の旋律が後を追って繰り返される、奥行きの広さを感じる曲です 10年も苦しんできた千秋の 【深すぎて入り込めない】記憶のゾーンを表しているのでしょうか!? 千秋の母からの電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『のだめカンタービレ』第7話を見て

ドラマ『のだめカンタービレ』第7話を見て思うこと びっくりしたのが、出だしからこのシーン・・強烈なインパクト! “ハリセン”の「なめとんのか!?」に対して “のだめ”ちゃんの 「お遊びじゃなか~!! のだめ、でっちゃ真剣にやっとっとよ~!! メリーさんの!!・・なんが悪いと!?」“ドヒャ~!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『のだめカンタービレ』第6話を見て

ドラマ『のだめカンタービレ』第6話を見て思うこと 5話で、あの『ラフマニノフ』を千秋と共演したシュトレーゼマンが帰国し Sオケメンバーもそれぞれの道へ。  それにしても、ホテルのスイートで千秋が目覚めた時のBGMが面白い 歌劇「リゴレット」・・「女心の歌」  題名を知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『のだめカンタービレ』第5話を見て

ドラマ『のだめカンタービレ』第5話を見て思うこと このドラマではクラシックを知らない者でも、 “いろいろな曲と出合える”というチャンスがある事が楽しみの一つです。 シュトレーゼマン登場時、バックで流れている様々な選曲も面白かったです 聞き覚えのある曲もありましたが、曲名は全く思い出せません こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『のだめカンタービレ』第4話を見て

ドラマ『のだめカンタービレ』第4話を見て思うこと 「Sオケ正指揮者就任おめでとうございまーす!」で始まる第4話 不安を感じながらも、 「チャンスだと思おう。どんなに優秀でも・・オケを振れない指揮者はたくさんいる・・オレが鳴らせて見せる」と常に前向きな千秋の性格の良さとオレ様がここでも表れる。 千秋の決意とは別に『Sオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『のだめカンタービレ』第3話を見て

ドラマ『のだめカンタービレ』第3話を見て思うこと これからが千秋の 『出会ってから、いいことづくし』の始まりなのでしょうか。 第3話、見せ場の一つが何といっても千秋君の『目力』 このドラマの中で、あの大きい目の『目力』は楽しみの一つ ・・『千秋の心の声』・・ 「練習の代打とはいえオケが振れるこんなチャンスはめった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ のだめカンタービレ第2話を見て

ドラマ『のだめカンタービレ』第2話を見て思うこと 本当に毎度、感心するほどいたる所に笑える要素がたっぷり入っていて 何度みても飽きることのないドラマです。 ミルヒーこと竹中直人さんの存在感あふれるキャラも最高です。 今回は千秋が魚屋さんで1匹200円か2匹150円のアジを悩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅ればせながら『のだめファンの皆様へ』

のだめファンの皆様へ 後編の映画までのつなぎに、またドラマを見ていて発見しました これはとても嬉しい驚きと発見です。(ただしカプリチオーソ的なかな?) のだめカンタービレのドラマを一緒に見ていた主人から 「のだめは何故千秋の耳に息を吹きかけたのか?」との質問 その場では良い答えが見つからず悶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレには感動!!

昨年暮れからすっかり『のだめカンタービレ』に取り付かれ ドラマ1話からinヨーロッパ編まで一挙に見直し・・いざ映画館へ・・ 大画面に映りだされる ウイーン楽友協会コンサートホール 「さあ、楽しい音楽の時間だ・・楽しもう!!」 ・・で奏でられるベートーベン:交響曲第7番 『のだめ』ではすっかりお馴染みの『ベト7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more