のらり くらり

アクセスカウンタ

zoom RSS ある日の主婦の会話と本の紹介

<<   作成日時 : 2018/08/23 11:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

≪ある日の会話・・主婦編≫

A子:『冬の間は、「暖かくなったら窓を思いっきり開けて
   大掃除をしよう。」何て考えていたけれど、いざ夏を迎えると
   熱けりゃ熱いで身体動かすのも面倒よねぇ〜。
   タンスの中も、部屋の中も何時になったら
   スッキリ処分出来ることやら?!?!
   大掃除の秘訣を知りたい!!

B子:『簡単よ。
   常に引越しをイメージして処分すればあっという間よ。
   我が家なんて、タンスの中も、引き出しの中も
   いつでもスッキリしているわ
   当然、衣類もお気に入りの物のみ。
   必要な物しか持ってないわ。』

C子:『私のタンスの中もスッキリしているよ。
   どちらかというとスッキリしすぎて、
   タンスの中が、しっかり隙間が出来るくらい!
   若いときからデパートの品出しに体が慣れているせいか
   季節ごとにスッキリ入れ替え処分しなければ
   気持ちが悪いくらい。
   職業病かしら・・』

・・・・すごい!!さすが主婦の鏡。・・・・

そう言えば、最近読んだ
『フランス人は10着しか服を持たない』という本にも書いていた。
ここで本の内容をごくごく一部紹介
要らない服を捨てよう。思い切って大胆に!
*自分で期間を決めて、「10着のワードローブ」に挑戦してみる
きっちり10着で実験してみて、必用な服と要らない服を見きわめ
 必用に応じてアイテムを足したり外したりする。
*いちばん大事なのは、プロセスを楽しむこと。
 ワードロープを10着に絞る実験の目的は、
 貴方が本当に気に入った服だけを揃えて、いつでもTPOにふさわしい、
 きちんとした服装ができるようになること
だから。


この本は、アメリカ人留学生が留学先のフランスの家庭での経験談を紹介したもので生活全般と人生を前向きに生きるコツ?の様な考え方が異文化交流の中、面白く書かれたものです

なかには、部屋をきれいに保つ?コツの一つとして
*家でいちばん良い部屋は、特別なときや来客用にしないで、
 どんどん使おう。
 いちばん良い部屋こそ自分たちで使うべき!

などと書かれいた。(客間の無い我が家には当てはまらないが)つまり、美しく整った上品な物に囲まれた場所で生活する=『美しいものは汚したくない』と言う人間の深層心理に訴えるような思考には脱帽!

体型を維持するためには、
*毎日の買物や家事をしながら、日常生活の中で体を動かそう。
つまり、家の中の家事全般をしっかり毎日こまめにこなし、出かけるときは車を使わず、当然、エレベーターは使用せず階段を使い、どっさり買いをやめ、その都度買出しに走る

しかも、
*いちばん重要なのは、怠け者にならないこと!怠け者はシックじゃない
と、のたまう。

なるほど、なるほどと、
反省と、難題を心に留めながらも
人生を少しでも楽しむヒントを見つけるために読んでみた面白い本でした。

























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ある日の主婦の会話と本の紹介 のらり くらり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる