復興予算をめぐる民主党のデタラメと財政再建について

復興予算をめぐるデタラメぶりが次々に明らかになっている、
復興予算19兆円のうち4分の1ほどの巨大マネーが復興以外に使われたといったことがNHKの番組で明らかになった。
19兆円は、増税10・5兆円と剰余金など8・5兆円で賄われる。増税に国民が納得したのは、大震災の復興に使われると思ったからだ。
このようなことを、改めて知ってしまうと、増税が先か行財政改革が先かについて、結論が出たと思います。
やはり、お金があれば、政治家や役人はお金を使ってしまうんだということです、特に今は民主党がだらしないのを見透かした役人がやりたい放題やっているのだと思いますし、民主党も次の選挙で負けるのは確実でも自分だけは生き残りたいと思って、自分が予算をつけたと言いたい人が安住を始めいっぱいいるようですから。
財政再建になんて、使う気はないということがはっきりしただけよかったと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック