のらり くらり

アクセスカウンタ

zoom RSS    『 源氏物語 千年の謎 』 を 観て

<<   作成日時 : 2011/12/14 14:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

映画 『 源氏物語 千年の謎 』 を 観て

雅な世界での「光源氏」の『青海波』の舞を見たくて、映画館に行って来ました。
しかし、せっかくの壮大なセットの割には、映像時間が短く、
衣装やら何やら、舐めるように見たかった私の些細な希望は、
あっさりと打ち砕かれました。       
                        
とはいっても、                                                     
「藤原道長」役の東山紀之の貫禄には、「おお!」と、ひと声唸りたくなるし、
「紫式部」役の中谷美紀の話し振りも、「なかなか!」と感心したくなる。
「光源氏」役の生田斗真の若々しさも、十代前半からの光源氏役なので、
その当時の光源氏といえば、
生まれながらの美貌、何事も許され、何者も恐れない。
困難な愛にこそ、より強く惹かれ、没頭していく。   
そんな若さゆえの煩悩を、上手に表現していました。
「女君達」も、衣装がとてもよく似合い、綺麗でした。
と、ここまでは、「良かった点」です 

「悪かった点」とまでは、言いませんが、ちょっと一言
「女君たち」の、あの髪の長さには不満です  
平安時代は、「女君達」の髪の長さや、ボリュームも、
美人の大きな条件の一つだったはずです。
映像の中の「女君達」の髪の長さは、中途半端に短かくて、
文章から感じられるような、艶やかな、ぬれた感じ、
一本一本が絹の糸のように流れる美しさが、まったく感じられませんでした。 
話し方も、少しイメージが合わないような・・

また、物語りとしての順序も違い、頭が混乱しました。
と、いうか「紫の上」を無視した時点で、個人的には、許せませんが・・・。

そして、これは疑問なのですが、
「夕顔」と「光源氏」の濃厚なラブシーンのドアップ映像。
「夕顔」のイメージは、非常に内気で、柔順な女君
「光源氏」の積極的な行動に不安さえ感じながら逢瀬を重ねていた、と、
勝手に解釈していたので、大画像で見たあの積極的なキスシーンには、
ちょっぴり違和感がありました。
(何せ「光源氏」ですから・・、若干可愛く拒んだほうが、強く求めるのです)
でも自分から見知らぬ男君(光源氏)に歌を送って誘っているのですから、
夕顔、遊女説を強調したかったのであれば、納得かな?!         

それに「道長」の、あの有名なセリフ 「この世をば、・・」
あれは、宴の席で詠んだはずのもの。
場面が違いすぎて、「あれ?」って思ったりしてしまいました。
 
やはり、『源氏物語』は難しい
私のような素人でさえ、
若干とはいえ心の中に「あれ、ここは違う」と、不満を感じてしまう。

これは、「光源氏」なり、「女君」なりに、
それぞれ強力なファン感情というものが、あるからかもしれません。
好いた以上は、自分なりの強いイメージがありますもの。  
これをみな満足させるとなると、やはり大変なことです

ここからは、願望です
「五十四帖」とは言いませんが、
せめて「幻」巻までは、じっくりと、見てみたいものです。
となると、NHKの大河ドラマか?!とも、思いますが、
もちろん、民放であってもよいのです
兎に角、じっくり取り組んでほしいのです

もしそれが叶うなら、   
東山君には、「玉鬘」や、「女三ノ宮」が登場する
三十代からの「光源氏」役で是非、登場してもらいたいです。
その役に相応しい貫録、イメージを、この映画を見て特に感じました

そして、「若菜」「御法」「幻」巻あたりで、
たっぷりと「紫の上」ファンである私を、泣かさせてほしいのです。 
韓国ドラマで涙を流している皆様にも、
きっと、満足してもらえるはず。
「光源氏」と、「紫の上」の晩年は涙なくして語れません  





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
   『 源氏物語 千年の謎 』 を 観て のらり くらり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる