無責任男 鳥越俊太郎

先週、報道ステーションをちょっと見たとき、鳥越俊太郎が出ていて、タイの洪水についてコメントしていましたが、そのコメントを聞いて、“ビックリ”なんと、彼はタイにこんなに多くの日本企業が進出していたなんて知らなかった、これが産業の空洞化なんですね、と発言。
この程度の事も知らないで、今まで色々な事に対してテレビで発言していたのは何を根拠に発言していたのか?
彼は、その時々、社会で起きたことに対して、その場の雰囲気に合わせて世間受けする耳障りのよいことばかり何の根拠も無くしゃべっていると思っていましたが、今回のタイ洪水の発言で“彼の正体見たり”です。今更「これが産業の空洞化なんですね」は無いだろう。例えば、派遣社員の問題等では派遣は悪だ全員正社員だ、などと発言していたはずですが、そういうことが産業の空洞化を招くという警告を無視した発言をしていたのは彼らではないか。
こんな無責任男を今更なんでテレビに出演させるのか?
2009年の政権交代ではっきりした自民党がやると悪で、同じことを民主党だと善と平気で言うテレビ局(出演者)の無責任さも、彼らがジャーナリズムでもなく一時代前の反体制的な人間の集まりだと、分かっているつもりの私でも鳥越俊太郎だけは見たくない。
ところで最近読後感を書いていませんが、本は読んでいるんですが、今回の鳥越を初めとした、民主党支持者や民主党議員のテレビでの発言を聞いては怒りが涌いて特に議員がテレビに出演した番組は消してしまうくらいですが、イライラして書く気力がなくなってきて書けていません(ほとんど言い訳)。

もう一件、無責任男がいることを思い出しました。
もともと民主党全体にいえることですが、一川防衛大臣がF15戦闘機の燃料タンク落下事故に関して「直後に(地元に説明に)行くべきだった。常に国民の目線で物事を判断したいといってきたが、防衛省にそういう観点が浸透していない感じを受けている」と発言した。
まったくもって、自分の立場を理解していない、野党ボケした人間そのままだ。
自分が防衛省の最高責任者だということを分かっていない、他人事のような発言をしている。もともと大臣就任時にも、「安全保障に関しては素人だが、これが本当のシビリアンコントロール(文民統制)だ」と政治家とも思えない発言をしている、民主党議員全体にいえることだが、何事も当事者意識が無く他人事であり評論家的発言をする、選挙互助会の民主党だからなれただけのようなこんな人間が議員になったのか、閣僚になれたのか?
早く選挙をやってくれ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック