読後感: 警視庁FC 今野 敏

『警視庁FC』というタイトル、FCとは最近流行のフィルムコミッションのことです。
普通、FCは映画の撮影等に協力して、地元のPRや地元を潤すために自治体が組織していますが、ここでは警視庁が組織したことから話が始まります、このやり方はある意味当然かもしれません、それは、FCの仕事には、映画の撮影等で交通規制が絡むからです。
さて、お話は長門室長の下に各部署から4人が集められ、彼らは専任ではなく本来の業務との兼務である、今回の主人公は本庁地域部地域総務課の楠木肇、彼は定時に登庁して定時に上がる公務員生活が最高だと考え、刑事などはまっぴらだと思っていて貴重な休日にも撮影に駆り出される警視庁FCから早くお役ごめんになりたい、ある意味、やる気の感じられない警察官である。
警視庁FCが協力しているある映画の撮影中、助監督が殺害された。殺人の捜査は捜査本部の仕事で、警視庁FCの仕事ではない、と他人事のように思っていた楠木だが、なぜか室長や、組対四課いわゆるマル暴所属の山岡は捜査に乗り気。どんどん楠木の望まない方向に進んでいく、そして捜査経験の無い楠木の推理に室長や山岡たちが、すばらしい推理だとかほめながら、その方向でどんどん捜査を進めていく、しかし、やはりこの事件はおかしかった。実は殺人事件などは起きていなかったのだ!
しかし、これで終わりではありません。
本を読んでいる途中から何だか変な話だと思っていたら、やはりでした。
登場人物に関しても特に交通部交通機動隊の服部靖彦。紅一点、交通部都市交通対策課の島原静香の二人がつかみづらいし、何のためにこの二人は存在しているのか分からない。このような無駄な登場人物が多い気がする。
今野敏さんの本らしくない、半分お遊びで書いたのかなと思える本でした。
しかし、さすが今野敏さんの本です120人の人がこの本を待っています。
すごい!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック