読後感:下町ロケット 池井戸 潤

かつてロケット開発に携わっていた佃航平は、打ち上げ失敗の責任を取って研究者の道を辞し、いまは親の跡を継いで従業員200人の小さな会社、佃製作所を、下請けいじめ、資金繰り難等の中小企業の悲哀を味わいつつも、日々奮闘して経営していた。不景気の最中、主力製品の売り上げは落ち込み、頼みの大口顧客からの仕事も減り経営的に苦しくなっていた。更にライバルである大企業ナカジマ工業から技術の特許侵害で訴えられ、佃製作所は廃業のピンチを迎える。明らかに先に開発した技術・先に取得した特許だったが、特許技術の定義の仕方に問題があり、その隙をつかれたのだ。相手は、容赦無い法廷戦略を駆使し、ライバル企業を叩き潰すことで知られていた。否応なく法廷闘争に巻き込まれる佃製作所は、社会的信用を失い、資金難から長期裁判を闘い抜く見通しが立たず、対応に苦慮し、会社存亡に危機に立たされる。そして、その頃、大企業の帝国重工からロケット用の新型水素エンジンの特許譲渡を持ちかけられる。佃が自分の夢を実現するため、実用化のめどもないまま開発した水素エンジンだが、佃は大金が入る特許譲渡を拒否し、部品供給契約に固執する。資金難にあえぐ社内は、その決定に強く反発する。帝国重工は、最悪でも特許の独占使用契約を認めさせようと佃製作所を締めつける。しかし佃はうんと言わず、社員との溝がしだいに深まる。最終的には、この会社に関わる別れた女房を含む、いろいろな人の活躍でハッピーエンドになるのですが
内容的には、中小企業に対する大企業の横暴や思い上がりが根本にある小説ですが中小企業のほうにも多士済々な人がいて彼らの活躍で勝つのですが、今時ありえないかもしれないが、あって欲しいと思わせる、このような小説が今の日本には必要ではないかと思える本でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック