読後感:ソウルケイジ 誉田 哲也

多摩川土手に乗り捨てられたワンボックス・カーから、血塗れの左手首が発見された! 警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子と捜査一課殺人犯捜査係の刑事たちは、所轄と組んで捜査にあたる。しかし、手首の持ち主と思しき男の周辺を調べていくうちに、つぎつぎと意外な事実が浮かび上がってきた。
お金に困った人を利用してその人間を建築現場で事故死に見せかけて保険金を取るというヤクザとヤクザ関係の建設会社!
内容的にはDNA鑑定の錯覚や思い込みを利用しての人間の入れ替えを企て成功することから捜査が混乱するがこの事に気がついてからは解決に向かう。
警部補・姫川玲子シリーズはインビジブルレイン、ストロベリーナイトの順に読みましたが残念ながらこの本は訴えるものがあまりなく、それほどではなかったです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック