読後感:特命捜査 緒川 怜

焼き物の工房を営む初老の男性の死体。物語はそこから始まる。
その被害者は十年前に起きたカルト教団集団自殺・連続爆破事件の捜査直後に依願退職した元公安警察官だった。
捜査本部の中で、ある二人の刑事に与えられた極秘の特命捜査、その二人とは、取調室で被疑者死亡事件を起こした男性刑事、瀬川文秋。物心つく前に親に捨てられ孤独に生きてきた女性刑事、功刀沙矢子。
昔から言われている公安警察と刑事警察の確執によって、捻じ曲げられる捜査状況、組織の論理に振り回されて起きた現場警察官の自殺。卑劣な捜査妨害を仕掛けてくる公安警察。いろいろ言われる公安警察と刑事警察ですが、この本では、かなり策を弄して駆け引きをやりあっていてお互い様という感じですが、結果的にはこの二人の刑事の特殊な経歴や、人間関係、血縁関係があまりに特殊すぎて、その特殊さが結論に結びつく、ちょっと安易な結末のように感じるところが少し残念ですが、なかなか読み応えのある物語で、面白かったです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック