ドラマスペシャル『忠臣蔵』

毎年、この時期の定番と言えば、『忠臣蔵』

「またか!」と思いつつ、
「まあ年賀状を作りながら背中で見よう」程度でテレビをかけていたら、
“何と、まぁ、”すっかり見入ってしまった

年賀状どころではない
内容だって、飽きるほど知っているはずなのに・・
涙が止まらない。ティッシュが放せない。  

なんと言おうか、
久々に忘れかけている大事な、日本人の“心”と言うか、生きざまと言うか、訴えかけてくる静かな感動を、見せてもらった様な気がしました
昔の人は、“いざ切腹”という時にも、辞世の句を心静かに詠んだのですね
この潔さは、今の政治家には、真似できないでしょうね
「爪の垢を煎じて飲め!」と言ってやりたくなりました

女性群も素晴らしい
着物の着こなしが美しい。
しかも日本の着物の配色の良さを、再認識させられた
しかし、その中で“ピカイチ”光っていたのは、背筋がピンと伸びた、大女優『岩下志麻』の美しい着物姿。
「さすが!」の一言に尽きると思いました 




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック