読後感:同期 今野 敏

私の好きな作家、今野敏さんの同期を読みました。私も同期と言えば同期入社の人間を思い出しました、但し、私の場合は普通の会社なので生死をかけた関係ではないけれど、やはり、一種独特の関係だとは思います。
話の内容は、ノンキャリアで採用になり、交番勤務を経て、捜査一課と公安部にそれぞれ配属された主人公とその同期を中心に話が進んでいき若い刑事が同期の失踪をめぐって、警察上層部、公安、組織犯罪対策部等々に挑み、その過程で、彼を支え、導くベテラン刑事二人が渋く光っていますし、この小説では、警察組織、公安警察、大物右翼、安保マフィア等とあまり知られていない世界が描かれていると思います。
やはり、今野敏さんの小説だけあって、面白く読めました。
余談ですが、今野さんの原作のドラマ、ハンチョウは始まる時の配役を見た時、かなり良い配役だと思ったのに、どうも原作の良さを出し切っていない気がして残念です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック