読後感:偽装通貨 相場 英雄

大手都銀出身の消費者金融店長が主人公
大手都銀にのっとられ陰謀により消費者金融をやめることになった主人公が、消費者金融からの借金を返さないゲーム開発のエンジニアと組んでアンダーグラウンドなネット通貨の抜けん穴のビジネスへ将棋のアイテムを使って富裕層のお金を海外へマネーロンダリングする話でした。
ポイントなどの仮想電子通貨のあぶなさなどや、電子マネーや企業が発行する換金可能なポイントの法の不備が描かれていて、サラ金の王様や、自分の裏家業に取材が迫った時平気でその記者を殺すようなほんものの怖い経済ヤクザなどが登場する、まじめに考えると本当に怖いお話ですが全体としては、おもしろくは読めました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック