読後感:帰郷 刑事・鳴沢了 堂場 瞬一

刑事・鳴沢了シリーズ第5弾です。
父の葬儀のため、郷里に帰っている鳴沢のもとへ葬儀の翌日、鷹取正明が訪ねてくる。15年前、父を殺した犯人を捕まえて欲しい、と言い、父の友人である羽鳥を犯人だと言う。奇しくも葬儀の日に事件は時効を迎えており、新潟県警鬼の一課長と呼ばれた父にとって唯一の未解決事件だった。鳴沢は、忌引き休暇中に仕事ではなく個人的に事件を追う、という設定でなにかと制約があります。始めは、ひたすら当時の関係者に話を聞く、ということの繰り返し、しかも、15年も前の事件を蒸し返す、ということで誰からも煙たがられ、地味で退屈な話が続きます。でも、刑事の仕事ってこんな地味なことの繰り返しなんだと思います。何かにつけ鳴沢と同期で警察に入り、交通課などの勤務を経てやっと刑事になり、父や祖父が刑事の鳴沢は出世が早い、と嫉妬して鳴沢を妨害しようとする元同級生の安藤刑事や、第1弾の「雪虫」で登場した大西海(かい)という、いい男に成長した刑事などが登場しますが、最後は父の遺した日記を読み、父があと一歩と迫っていた事件の真相を解くことによって、絆が深まりそれまで縁を切っていたような亡き父とようやく親子関係を修復できて終わるようです。
この本は、色々な書評を見ると評価が高いようなのですが私の感想としては、話の展開が、まどろっこしく読むスピードがどんどん遅くなり、飽きてしまうくらいであまり良い話とも思えませんでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック