読後感:Kの日々 大沢 在昌

主人公は木(もく)という呼び名の探偵、彼は不正を疑われ、また仲間を裏切った人間としてやめる事になった元警察官。
3年前にヤクザの組長を誘拐し身代金8000万を隠したまま死んだ中国人・李。 消えた金のありかを探るため、李の恋人だった女・Kの身辺調査を組長誘拐犯だった元組員の坂本と花口に依頼されたが、調査をすすめる段階でKと親しくなり惚れてしまった木。
Kと木のまわりには、誘拐された組長の息子の丸山が現れ、闇の死体処理会社の二代目・畑吹も顔を出す。さらに悪徳刑事鬼塚も加わって、大人数での真相究明が始まる。いわゆる「薮の中」のように、少しずつ、解明されていくが、途中で結末はわかってしまう。
話のはじめでは、どんな話かなと興味を持ったが、途中で 犯人はわかってしまう、なぜなら、登場人物が限られているのに真相究明によって、登場人物が次々に犯人でない事がわかってきてしまうので、最後に残っている人は一人になってしまう。手順を踏んで犯人にたどりつこうとしている作者の意図だろうが、結末が安易で簡単すぎる気がします

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック