読後感:銀行仕置人 池井戸 潤

メガバンクでエリートコースを歩んでいた黒部は、常務とIT企業のワンマン社長が仕組んだ、とあるIT企業への巨額融資の失敗の責任をとらされ、「人事部付き」という閑職へと追いやられてしまう。現在の上司の人事部長の誘いにのり常務派の不正追求に乗り出す、黒部が復権するためには身内の不正を暴くしか道はなかった。話としては速い展開で面白いが、常務派の支店長が情実融資や万引きで墓穴をほってしまうなど、仮にもメガバンクの支店長になるような人間があまりにも脇が甘く簡単に失脚しすぎたり、常務が外部の人間と結びついてここまでするかとも思いますが、さらっと読むには非常に読みやすい作品でしたしおもしろかったです。
個人的に、残念ながらこの本は以前に読んだ事がありました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック