読後感:退職刑事 永瀬 隼介

5編の短編集です。
題名通り退職した刑事が出てきますが登場人物は、問題をかかえている。事件を解決したとしても、後味のよいものではない。
たとえ、いくら警察官の質が落ちたとしても、こんな人が本当にいるのだろうか?
こんなに警察・警察官にこだわり続けるのだろうか?
読後感は“むなしい”こんな感じです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック