読後感:天涯の蒼 永瀬 隼介

地元の暴力団と県警との癒着の目に余る北関東の香田市を舞台にしたお話。
主人公の古城は、元県警本部捜査一課の辣腕警部補だったが、ある事件の誤認逮捕から、警察を辞めさせられる。組織という後ろ盾をなくした古城は、興信所を開業して、浮気と素行の調査が大半という仕事をこなす古城は、ある少年との出会いから、自分が警察から追い出されたのは、警察上層部の陰謀だったのでは、と疑惑を持つ。彼は現職時代から、地元の暴力団と県警との癒着を極秘調査していたのだ。やがて、疑惑は確信に変わり、古城は自分が警察を去るはめになった風俗嬢殺しの犯人として無実の男を自殺に追い込んだ事件を本格的に調べ始めるが、協力してくれる元同僚も殺されたり敵も手ごわい等々、暴力団や腐敗した県警上層部など警察ものによくあるお話ですが、私としては、警察上層部というのは、無能な人間や、権力亡者な人間はいるかもしれないがここまで腐敗はしていないのではないかと思ってしまいますが甘いのでしょうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン

    Excerpt: 読後感:天涯の蒼 永瀬 隼介 のらり くらり/ウェブリブログ Weblog: レイバン racked: 2013-07-05 22:42