読後感:地の日天の海 上・下 内田 康夫

以前にも書いていますが、今まで私は、浅見シリーズや信濃のコロンボシリーズ等をほとんど読んでいる内田康夫さんのファンなので、内田さんにしては珍しい歴史小説なので読んでみました。
「戦乱の世に燦然と君臨する日輪とは」
「若き日の天海大僧正(随風)が観た信長、光秀、そして秀吉」
とこの本の帯に書いてありますが私の感じでは天海大僧正(随風)の考えはあまり感じられず「信長、光秀、そして秀吉」の部分がメインの大河小説風歴史読み物にしか感じなくて、特に新しい発見も無く、「野心的歴史超大作」とはどこから来ているのか全く解らない本でした。しかし今までもそうでしたが、信長から家康までの時代の物語は何時見ても面白いので上下二巻あっという間に読み終わりました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック