のらり くらり

アクセスカウンタ

zoom RSS 読後感:告発 鬼島 紘一

<<   作成日時 : 2009/11/09 20:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 この話は旧国鉄の所有する土地の処分にかかわる入札における難波組というゼネコンの不正を描いている内幕暴露的小説で実際にあったのではと思わせこのゼネコンはどこの事だろうと思わせます。
 内容は難波組が談合発覚による指名停止処分を受け業績悪化に悩みどうすべきか悩むところから始まり、神戸大地震の発生とその復興工事で一息つくことができ大手ゼネコンの一角に位置していた昔のように復活したいと願って新規事業を模索するところから旧国鉄の汐留、品川、八重洲、丸の内等の土地処分の落札とそれに伴う工事受注による業績の回復という計画をたてる、そしてこれを実現しようと大物国鉄OBの天下りを受け入れ画策を始め、過去のリストラによって手薄になった設計部門強化の一環として繋がりのある設計事務所の人間に頼る事になりその結果、主人公になる難波組に出向させられた建築設計事務所の社員が知りえた不正情報を個人的な復讐に絡めて告発する内容です。
 最近話題の天下りによる内部情報の入手による不正入札等の問題点が分かるが小説的には話がとんとん拍子に進んで面白く感じてしまうところが個人的には複雑です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
読後感:告発 鬼島 紘一 のらり くらり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる