ナノ粒子って危険ナノ??

先日読んだ本の中に
ナノ粒子が人体に入った時の
毒性への不安について書かれていました。
ナノ粒子は非常に小さい物質のため
呼吸器や体表面から呼吸されやすく
安定しているがゆえに分解されず
(アスベストのように)
体内に蓄積される事が問題視されているとの事です

これが本当ならばとても怖い話です

さらに笑っちゃいけない話ですが
私などの年齢になると特に
ナノテクコラーゲンの化粧品と聞いただけで
勝手に潤いつるつるを想像し、つい手を出したくなるのですが
たんぱく質であるコラーゲンをナノ化したら
それはもうコラーゲンではなくアミノ酸の集まり(ペプチド)になるそうです。
アミノ酸では美容効果は期待できません
それどころかナノ粒子を均一に混ぜるために
多量の界面活性剤を使用するなど
様々な健康被害の引き金になる可能性があるそうです。
踏んだり蹴ったりです 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック