読後感:プラチナタウン 楡周平

ハードボイルドの多い楡周平さんの本にしては今、日本中でおきうる行政や政治に関する深刻な問題を面白おかしく軽いタッチの表現で書かれており納得してしまう。今、なんでも簡単に行政(公務員)の責任にされてしまう問題を「責任を取るべきは最終的に議会で議員が予算を議決している政治家にもある」改めて感じる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック