アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「50代以上のblog」のブログ記事

みんなの「50代以上のblog」ブログ

タイトル 日 時
失敗したネットやカタログの買物
『やってしまいました!!』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/11 16:34
カモミールで染めてみました
カモミールで染めてみました カモミールで染めてみました ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/06 09:01
浦河の桜
浦河の桜 5月9日田舎に行くときに静内を通るので静内二十間道路桜並木を見てみました、5日に満開宣言が出てその後に強風の日もあったのでどうかなと思いましたが多少花も散っていいましたが、まあまあの状態でしたが以前に満開を見た人間としては物足りませんでした、その後浦河を通った時うらかわ優駿ビレッジ「アエル」に桜並木があり桜が満開のようでしたがホテルまでの短い区間にあると思い大したことはないと思い込み通過しました。しかし翌日の帰り道時間もあったので見ることにしました、見たらびっくり「アエル」の入り口から約3km、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/12 23:54
『イタリア産トマト缶が危ない』ってホント!!
『イタリア産トマト缶が危ない』ってホント!!     ある日の事、取りためたビデオを見ていた夫が ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/07 13:46
この照明器具を選んだ理由
この照明器具を選んだ理由 自分たちと同じように我が家の電化製品も 年々ガタが来始め買い替えが必要になってきた 今年は居間の照明器具に寿命がきたようだ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/01 15:45
結婚式のネット情報マナー
先日、姪っ子の結婚式に招待されたことを切っ掛けに 『叔母の立場』で出席する場合の服装などのマナーについて ネットで調べてみました。すると出るわ出るわ、 呆れかえって笑いが止まらないほどの情報量に   ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/19 18:18
お気に入りの食器
お気に入りの食器 頂き物の食器類って結構使用していないものが多いようです  我が家にも、そんな食器類を仕舞い込んでいる柵があります しかし、そんななか『ジャジャ〜ン!!」 常時使用する『 お気に入り』もあります この食器 これは便利です 頂いた時からの私のお気に入り 何故なら、この食器 当時私も目を付けていた物なのです  贈る人にもよりますが、気心の知れた人には こういう普段使いの物で気安く自分で買うにはちょっと値が張る・・・と 一瞬悩むような物も嬉しかったりしませんか ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/18 14:32
お雛様キルト
お雛様キルト 『ぎりぎりセーフ!!』 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/02 16:03
スッキリ収納、隙間収納庫
スッキリ収納、隙間収納庫 『隙間収納庫買いました』 やっと『スッキリ』しました ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/27 10:27
キーボード失敗したのかも・・・
キーボード失敗したのかも・・・ 失敗し・た・の・かも ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/20 09:15
川柳
遠出した車内って 案外 暇を持て余すものです そういう時こそ川柳がピッタリ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 16:18
可愛いカバーを編んでみました
可愛いカバーを編んでみました きっと何かを作るために買い求めたであろう六色の毛糸が一玉ずつある 全く思い当たらない クッションか 毛糸たわしか 人形か全く思い当たらない ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/27 15:02
衝動買い『癒し系な鍋の裏面』
衝動買い『癒し系な鍋の裏面』 昨年、鍋の裏面の風景画に惚れて ティファールのメルシーコレクション鍋セットを衝動買いしてしまった ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/01/21 13:16
『愚痴と反省』は生き抜くための知恵??
最近、常に悩むことがある  『もったいない』・・ゆえに『捨てられない』・・ということ 言い訳のようだが決して昔テレビで見たゴミ屋敷と言うわけでは談じてない しかし『捨てられない』現状で年を重ねると ある意味、恐ろしい結果が見えてきそうだ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/20 15:16
こんなもの編んでみました
こんなもの編んでみました 後先考えずに無計画に買ってしまったお気に入りの毛糸たちが 『帯に短し襷に流し』状態で溜まってしまった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/01/17 14:20
残り毛糸の小物たち
残り毛糸の小物たち 昨年作った並太の毛糸の作品を 今度は買い置きしていた中細の毛糸で挑戦しました ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/01/09 13:38
「寄る年波には勝てぬ」
「寄る年波には勝てぬ」とはよく言ったものだ 毎日食事の栄養を考えて、睡眠をしっかり??とっていても 目の老化は進む一方・・・・・目だけとは限らないが・・・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/09 17:12
久々の編み物
久々の編み物 今年も寒い季節となりました ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/30 13:27
ダブルスタンダードとブーメラン
9月28日の安倍首相所信表明演説にマスコミや野党から「自民“総立ち拍手”の異様」との批判が出ていますが毎度のことながらこれはブーメランであり、ダブルスタンダードなんですね。「民主党政権の平成21年10月26日、鳩山由紀夫首相の所信表明演説の終了間際に同党議員が総立ちで拍手したこともあり、小沢氏は当時、幹事長だった。」とあります 特に安倍首相の場合は「海上保安庁や警察、自衛隊に今この場所から心からの敬意を表そうではありませんか」と呼びかけ首相も演説を中断して拍手したのに対して、民主党の場合は、「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/27 20:13
川柳
*警告音、昔イライラ いま安心 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/08/26 18:28
年を取ると言う事は・・・
年を取ると言う事は、悲しくも 何かと判断力に欠けることが多いい様です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/26 16:35
思い返せば、「我が家流」=「ネット流」と言うことで。
思い返すに、 料理下手な私も子育て中は 料理本を片手に朝食・夕食・お弁当と頑張って 夫と子供の健康な細胞育成のために 日々努力、奮闘してきたしだいでした。・・が、 所詮は『料理下手!』というか『料理が嫌い』な小生は・・ 我が家流と胸を張って楽しめる境地には到達できず、  まして夫婦二人の生活になると もう堂々と『手抜き、手抜き』の日々になってきたのは 当然と言えば当然の話。 が、しか〜し、それではいかんと思いを改め ここ数年の献立はネットまかせとあいなりました。 個人も... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/14 16:26
意図的な新聞記事の書き方
今日の北海道新聞の二面に「東証大幅続落、559円安 日銀緩和効果ほぼ剥落」という記事がありました。内容は「平均株価は前日からの大幅続落となり、2日間の下げ幅は計673円に達した。先月29日のマイナス金利導入決定から2日間で計823円上昇した分の大半が打ち消された形だ。日銀が 金融緩和 策としてマイナス金利の導入を決めたことによる円安・株高の効果は大部分が早くも剥げ落ちた。」とあります、しかし逆に言うとマイナス金利導入決定から2日間で計823円上昇した分があったからこそ2日間の下げ幅計673円では... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/04 12:13
三日月の影の部分が明るくよく見えた
三日月の影の部分が明るくよく見えた 夕方五時頃、三日月の月を見たところ影の部分がいつもと違ってぼんやり見えてる感じがしたので確認のために写真を撮ってみたら、やはり今まで見ていた三日月と違って影の部分も結構はっきり写っていました、この時期の5時はもう暗いのですが月にはまだ太陽が当たって見えてしまうのでしょうか?よく判らないけれど自分的には初めて気が付いた三日月でした。ただし残念ながらカメラの性能のせいか腕が悪かったのか月がそれほどきれいには撮れていなかったのが残念でした! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/14 23:22
宇宙ステーション・きぼう
宇宙ステーション・きぼう 最近宇宙ステーション・きぼうに興味を持ってまして7月下旬頃から写真を撮ろうとしたのですが、いくらやってもうまく撮れませんでした。インターネットで撮影方法を調べてチャレンジしたのですが、いくらやってもうまくいきませんでした。雲さえなければ見ることは簡単ですJAXAのホームページに詳しくのってます(アドレスhttp://kibo.tksc.jaxa.jp/)。 今日あまりはっきりしませんがそれらしき写真が撮れました、中央電線の上に線に見えるのが”きぼう”です。露出時間4秒(固定)、f/3.6、IS... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/12 22:08
カボチャ
カボチャ 6月中旬ごろ我が家の庭の一角にカボチャらしきものが芽が出てきた、多分去年コンポストに捨てた種から芽が出たのだと思う、しかし自然に芽が出ただけあってツルは太いし葉も大きい7月10日の時点でこの大きさ。 そのままにしていたらどんどん大きくなって現在4、5メートル位になりまだまだ伸びそう、どこまで伸びるのやら、こうなるとカボチャを収穫したくなったのですが今まで苗を買って育てたことはあるのですが実がついたのが1個くらいしかなく自信は有りません、インターネットを見ても育て方いろいろ書かれています、西洋か... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/29 23:23
人工衛星を撮ろうとしたら!
人工衛星を撮ろうとしたら! 6月19日の日が暮れたとき西の空を見たらとても明るい星がありました、調べてみたら金星でしたそして今時分は月と金星、土星が近くに見えるとのことなのでその景色を見ていたら、金星くらい明るい光が南の空を西から東に真っ直ぐに動いていきました、飛行機のような違うような?なんだろうと調べたらISS(国際宇宙ステーションきぼう)だったのです、21日にも20:11から20:13の間同じように見えるとのこと、21日撮ろうと待ちました二階の屋根にまで昇り待っていました、ところが20時頃から東から雲が少しずつ流れてき... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/25 21:25
散歩の途中でリスに遭遇
散歩の途中でリスに遭遇 今日は涼しかったので、少し歩いてみました。帰ってきて、家の近くの公園で汗を引かそうとベンチに座ろうとしたら樹の根元あたりで何かが動いた、野鳥でもいるのかと思って探そうとしたら先に休んでいた人が此処にはリスが3匹くらいいるんだよと言って指差してくれました。本当に目の前でエサを食べていました、多分近所の人たちがエサを置いているらしくヒマワリの種のようなものがいろいろなところに置いてあり近づいて見ている私なんか気にしないでひたすら食べていました。写真を撮ろうと思ったが出がけに今日は歩くだけだと思いカメ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/06/25 20:26
野鳥
野鳥 我家の近くにあった5,6本の大きな木が伐採されたので、すずめしか我が家に来なくなったのかと思い始めていて物足りなかったのですが やっと21日見慣れた野鳥が戻ってきました。 ところが、翌日今まで見たことがない鳥がやってきました、これは撮らねばと、あせってシャッターを押し続けなんとか撮ることが出来ました。 これからもっといろいろな鳥が来てくれるのかと期待しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/23 18:32
後の十三夜月
後の十三夜月 昨日、たまたま月がきれいだったので久しぶりに写真を撮ってみたところ今日の新聞を見たら11月5日は「後(のち)の十三夜月(じゅうさんやづき)」という171年ぶりの名月だったそうです。 後の十三夜月とは『古来、旧暦の8月15日(太陽暦で今年は9月8日)と9月13日(同10月6日)の月は名月とされ、それぞれ「中秋の名月」、「十三夜月」と呼ばれる。今年は旧暦と季節のずれの補正で171年ぶりに「うるう9月」が入って、旧暦9月13日が太陽暦11月5日に再び出現し、二つ目の十三夜月である「後の十三夜月」とな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/06 17:10
天馬街道の紅葉
天馬街道の紅葉 急な用事で田舎に行くことになったおかげで、 秋の天馬街道を通りました。 以前に紅葉を求めて支笏湖等いろいろドライブしていたことが、 無駄な努力に感じられるほど雄大で素晴らしい紅葉の景色が日高側の天馬街道にありました。 山全体の中に赤、黄色、緑や茶色が混ざった 素晴らしい景色でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/25 21:19
満月の写真を撮りました
満月の写真を撮りました 最近カメラに関しては、春から初夏にかけて、木々の緑が濃くなり野鳥が葉っぱに隠れて撮れなくなってきて、撮るものがあまり無く精々庭の花の成長を撮る位になってしまいました。これではいかんと思い考えました、その結果、満月の月を撮ってみようと思いつきました! ところが5月の下旬に思い立ってからズット雨が降り続き、なお且つ曇り空も続き、6月半ばを過ぎるまでそもそも満月どころか月にお目にかかれませんでした。分かっているつもりではいましたが、月はいつも出ているわけではないことを実感しました!月の出、月の入り等... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/14 17:43
今まで撮った写真です
今まで撮った写真です 先ずは、このカメラを買った理由の我が家に来た野鳥たち、野鳥たちと言っても今のところすずめをいれて3種類位しか来てません。ところで私は鳥の名前を知りませんので 写真の鳥の名前を知っている人は良ければ教えてください。 家から出てみたら近所のサイクリングロード沿いの桜が満開でした、札幌で5月1日にこんなに桜が咲いていたとは、びっくりです!昔桜を見ようといろいろ探しに出かけたのにこんなに近所に桜が咲いていたとは!!この隣の、野鳥がよく来ている大きな公園の林を見に行ったらいました、仲良く一緒に行動して... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/05 16:50
カメラを買いました
とうとう新しいカメラを買ってしまいました。 このブログでも書いていますが我が家には野鳥がやって来るのです、我が家のコンパクトデジタルカメラは28mm-200mmの7倍ズームでコンデジでは望遠がきく方だったのですが野鳥をハキッリとわかる位アップで映すことが出来ませんでした。何とか野鳥をアップで撮ろうと思いカメラを探し始めました。狙いは1000mm位の望遠です。デジタル一眼はレンズが大変なので、いろいろ価格コムで調べて42倍ズーム(24mm-1000mm)なら十分だと思い機構や機能から富士フィルム... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/04/25 21:11
読後感: 消滅のリスト 五条 瑛
秘密裏に開催され、世界の平和を維持する為の「人類を救うための悪魔の会議」で決定されるものとは。そして流出した「会議」の資料を巡って行われる入札とは。スパイ天国日本で行われる諜報戦。そして国家、都市、民族とは。そして一人一人の人間の想い。 登場人物や団体が沢山あって把握するのがなかなか大変ですが謎の「会議」との繋がりが徐々に明らかになっていく。もしこんな「会議」や「リスト」が現在に存在したらと一瞬ザワッとさせられます。 最近、過熱化する世界遺産登録の裏の意味と米軍、日本、そして一部白人だけで運... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/09 16:11
特定秘密保護法がやっと成立
最近世の中を騒がせた特定秘密保護法が6日深夜、参議院で可決され成立しました。 ここまで、朝日新聞の一党一派に偏った反対キャンペーンはひどいもので、まるでどこかの政党機関誌のようでした。1941年もこんな感じで戦争を始めろって煽ったんでしょうね! 若宮 啓文朝日新聞主筆が退任してから、一見朝日は変わったかなと思わせたが、以前よりもっと、ひどくなった気がします。秋ごろ朝日新聞勧誘員が今読者が減って大変なんです、若宮が辞めただけでなく編集を変えてますから朝日は変わります、購読を継続してください、と... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/08 14:16
読後感: 逃げるシンカー―中途採用捜査官 佐々木 敏
・・こんな裏話があったとは・・びっくり!! 『冬ソナ』には、徴兵制度によって別れる恋人たちの悲劇が隠されていた!? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/05 12:33
『すずめがイッパイやって来た』
『すずめがイッパイやって来た』 27日から28日にかけて一気に様変わった銀世界に戸惑ったのか、朝早くからエサ場を無くした雀たちが二十羽ほど我が家の庭にやってきた。 木の枝を伝い雪の上、当然新しいエサ箱にと目まぐるしく動き回っている雀たち 今まで用心深くて、なかなか写真も撮らせてくれなかった雀たちも、今日ばかりは餌に夢中とみえシャッターチャンスの隙を見せてくれました。               ラッキー!! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/29 13:23
野鳥のエサ箱完成
野鳥のエサ箱完成 野鳥のエサ箱完成 昨年冬、我が家の庭に野鳥が来るようになり、急きょ発泡スチロールの板を棒につけただけの仮エサ台を作ったところ(3月2日当ブログ)たくさんの野鳥が庭に来て楽しい思いをさせてくれました。 今年も又野鳥を見たい! エサ箱を作ろう!!!ということで、家に在った端材を利用して作ってみました。                   ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/14 22:11
読後感: 第四権力 スキャンダラス・テレビジョン 高杉 良
この本のタイトルに第四権力なんてあるので、権力の監視役としての第四権力のについていろいろ書いてあるのかと思ったら、帯に書いてあった「大放送局トップをめぐる権力闘争。そして、局内マドンナとの人知れぬ情交。」 ただ、それだけの内容でした! 最近の高杉 良さんの本はこんなのが多くて、昔の銀行物の時のような企業内部の問題点の指摘などの鋭さが無くなって、前にこの人の本の読後感にも書いたが、最近この人はかなり好き嫌いを出してきていて、面白くなくなってきています。残念! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/03 12:08
読後感: ロスジェネの逆襲 池井戸 潤
久しぶりの読後感です、やっと民主党も壊滅したので書いてみました、本は読んでいたのですが、面白い本をみつけたらその人の本を片っ端らから読むという読み方だったので、ひたすら読むという感じで読後感を書く気が起きませんでしたがやっと何か月も前に予約した本が来たので書いてみました。 池井戸潤さんの本なので図書館に予約して、何か月も待ってやっと順番が来ました、読み始めたら、なんと今話題の半沢直樹が主人公の本でした 今回は銀行子会社の証券会社営業企画部長に出向です、さすがの半沢さんも子会社出向です、ところ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/23 22:22
WiFi使ってみました
前回書いたように7インチタブレットが我が家に来てから、何とか使いこなせないかと思っていたが、とりあえず、田舎で会った親戚の人がiPADを外出先では写真のアルバム替わりに使っていたのを思いだして、早速我が家のデジタル化した写真をタブレットに入れてみた、これくらいしか使い道がないのはもったいない、これ以上はWiFiをつなげないと先に進めない、調べてみようと思い立ち、早速近所のヤマダ電機に行ってみた。一番気になっていた、外出先でインターネットにアクセスできるのかを聞いてみたところ、モバイルルータのメー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/06/27 23:49
7インチタブレットが当たった
家の前に運送屋さんのトラックが止まった。 「いまどきなんだろう」と思ったら、ユーザー登録再確認をしただけで応募したつもりもなかったのに『ユーザープレゼント当選品』というものが勝手に届けられた。 なんと!!商品は7インチタブレットなのでした。 「なんということでしょう!!」 最近、なんとなく気になってインターネットで調べたりしていたのです。 7インチタブレット、勝手にWi-Fi +3Gだと思い込んでSIMカードスロットカバーを開けたら残念、ふさがっていました。 届いたものは期待に反しW... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/06/21 21:46
長距離ドライブ
新しい車で、長距離ドライブしました。片道250km、乗り心地は車内が広々して“まあまあ”でしたが、やっぱりエンジン音はうるさいと感じ、それに連動してエンジンの振動が少し感じるようでした。世界最大の自動車会社トヨタなんだから、もう少しエンジンを含めた乗り心地の向上に力を入れろ! それから、一番いい思いが出来たのは助手席に乗っていた女房で、助手席を完全フラットにして後席と一体化して足を伸ばして座れて楽ができたみたいです。 運転していて、先は長いので暇をもて余さないように、車に燃費計がついていたの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/10 15:55
車買い替えました
5月24日とうとう新しい車が来た、そうです年金生活最大の買い物、車を買い替えたのです。新しい車は、シエンタ ダイスリミテッド、なぜ、シエンタなのか? 今まで乗っていたティーダを私は気に入っていてティーダがモデルチェンジしたら同じ車に買い替えようと待っていたんですが、なんと日産はティーダの開発を中止したのです、中国向け専用にして中国で開発し販売するそうです、、日本ではノートに統一するのだそうですが日本用のボディサイズで開発したのでは外国で売れないというメーカーの勝手な思い込みのような気がします。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/31 21:08
携帯電話
このたび初めて携帯電話を買いました。 買うに当たっては、周りの人にどこの携帯がいいのか聞いてみたのですが、条件によって料金は大きく変わるので一概には言えないという返事ばかりで参考にならず、自分で勉強するしかないとの結論! auショップで説明を聞く、いろいろ話を聞いているうちに、なんとなくわかったのは大きくいって二つに分かれる、その@ 基本料980円でau携帯宛通話無料(1:00から21:00迄)au携帯宛Cメール無料、それ以外の通話は20円/30秒の「プランZシンプル」コース、そのA 基本料... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/15 11:16
いよいよ年金生活開始
年金生活10日目, 我ながら充実しきった生活を送っていると言ってよい。 4月1日、初日、 まずは庭に降り積もった1.5メートルの雪を、汗だくになりながら雪割り開始。週末に雨の予報が出ているのでそれを目途に頑張ったら、予定通り日曜日には雪は無くなり万々歳。 体を動かすことが気持ちよいものだと、再確認した今日この頃です。 2日目以降 役所への届け等、4〜5日、運動がてら車を使わずに歩いていたら、車のバッテリーが上がってしまい、大騒ぎとなり、知人に助けを求める事になってしまった。結局、良か... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/04/11 21:06
相も変らぬ日本のマスコミ
今朝、モーニングバードをちらっとみたら、宮田佳代子というゲストが相変わらずバカなことを言っていた、“自民党政権閣僚が震災復興が進まないのは民主党政権のせいだなどと言っているが今そんなことを言っている場合か?当時の野党とし自民党にも責任がある”本当にこんなコメントをしていればいいなんて気楽な仕事ですね、政治の世界は政府与党の責任はとても大きいと思いますよ、あまり、見え見えなことは言わない方がいいと思いますが、まだこんなことを言っていればテレビに出れると思っているのでしょうか?彼女のことをチョット調... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/12 19:52
慶応受験に数独が!
慶応受験に数独が! 数日前のこと。 夫がネットで、 『慶応大学の受験に数独の問題が出題された』 という記事を見つけ、 数独好きな私に、その問題を教えてくれた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/02 20:45
野鳥が我が家にやって来る
野鳥が我が家にやって来る 今冬の楽しみの一つ ・・昨年との違い・・ それは、 我が家の庭に、 毎日、野鳥が訪れてくれること。 きっかけとしては、 昨年満開に咲き誇ったひまわりの種をあげたことから。 今では、毎朝食べ残したというか、 そのために食べ残すパンの耳を小さく割いてあげると パクパクと美味しそうに、当然のように食べに来る。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/03/02 19:28
孫正義さん、言ってることおかしくないですか?
今、報道ステーションを見ていたら、電力料金値上げの問題を取り上げていたが、そのなかに、孫正義さんが発送電分離をしないと、安くならないと言っていたみたいですが、あなたが言っちゃおしまいですよ! あなたは、菅と組んで、ソーラー発電電力買取価格を42円/kwhにした張本人ではないですか、それは全て電力会社が買取を強制され、結果的に電力会社の電気料金値上げにつながることになりますが、つまりは、そのためにも発送電分離しなければ国民が電力値上げで困ることを、人質にしているのではないですか? そもそも今、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/26 23:11
オバマ大統領を見習え民主党
オバマ大統領の再選が決まったようですが、オバマさんの言っていることを 日本の民主党はよく聞いてくださいね なんと言っているかといえば、下院を共和党に過半数を握られた民主党大統領として、 議会と協力してアメリカのためになる政治を実行したいと言っています。 決して、野党が言うことを聞かないので自分たちは悪くないけれど彼らのせいで、 何もできない、他人のせい、野党のせいなどとはオバマさんは言いません。 なんとか、責任転嫁せず、政治を進めてください日本の民主党さん。 それと、改めて、民主党... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/07 23:18
復興予算をめぐる民主党のデタラメと財政再建について
復興予算をめぐるデタラメぶりが次々に明らかになっている、 復興予算19兆円のうち4分の1ほどの巨大マネーが復興以外に使われたといったことがNHKの番組で明らかになった。 19兆円は、増税10・5兆円と剰余金など8・5兆円で賄われる。増税に国民が納得したのは、大震災の復興に使われると思ったからだ。 このようなことを、改めて知ってしまうと、増税が先か行財政改革が先かについて、結論が出たと思います。 やはり、お金があれば、政治家や役人はお金を使ってしまうんだということです、特に今は民主党がだら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/07 15:44
復旧・復興予算の件 民主党の無責任さが又、発揮されました   その2
10月3日階猛政策調査副会長も同じように無責任な発言をしています ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/03 22:31
復旧・復興予算の件 民主党の無責任さが又、発揮されました
NHKが初めに取り上げてから、最近いろいろなテレビ番組でも取り上げられ始めた東日本大震災の復旧・復興予算が被災地の再建という本来の目的とはかけ離れた事業に充てられているとの疑惑について、民主党の無責任さが又、発揮されました。 時事通信が報じている中で、問題は 「平野達男復興相が記者会見で「正直に言って使い道としていかがなものか」と疑問を呈し、政府内にも「流用」「便乗」を批判する声もある。財務省は補助金の認定基準などを被災地優先に改める検討に入った。」 この部分で、相変わらず、民主党政府自身... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/09/29 23:02
報道ステーションが復興予算のごまかしを取り上げました
「追跡 復興予算19兆円というNHKの番組を見ました」というブログを9月11日に書きましたが、今、報道ステーションで古館さんが、NHKが放送した番組が問題を提起していると、復興予算が復興以外に使われている問題を取り上げました。最近やっとマスコミの風向きが変わってきているように感じるようになってきた、もっとも、民主党が選挙で負けた時の言い訳を始めたとも思えますが、やらないよりは、やったほうが良いので、もっともっと追求すると古館さんが言っていたので、楽しみにしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/09/24 22:40
原発についても、相変わらず無責任な民主党
ウェークアップを見ていて、本筋の自民党総裁選5人の話のを聞いていたら、その合間に、原発を廃止すると2030年代に日本の家庭の光熱費が倍になるとの報告に対して、いつの発言かわかりませんが、野田総理の「過去の歴代の政権そのツケを払わないといけない」と発言していた画面が出ていましたが、そういう言い方をするならば民主党は自分たちのツケも払うんですよ! 本当に民主党は無責任だと思いました、民主党は政権交代後、なんといっていたのか、鳩山が言っていましたよね、CO2削減のために原発を増設すると、その後、菅も原... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/15 09:59
復興予算を肝心なことに使うことができない民主党政権
追跡復興予算19兆円 というNHKの番組を見ました 三次補正の9.2兆円のうち2兆円は被災地と関係ないことに使われていて、肝心な被災地には回っていないとのこと、 例えば、北海道や埼玉県にある刑務所や、テロ対策、反捕鯨、国立競技場改修工事等や沖縄の道路工事等に使われていて、その理由は地震や津波対策なら使えるとのこと、つまり、日本の土木工事ならほとんど引っかかるのではないのか。そのほか、成長分野被災地絵の波及効果被災地の雇用拡大という理由による予算付、例えばコンタクトレンズメーカーの岐阜工場増... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/11 21:48
選挙が近づいて、マスコミは又、遠まわしに民主党びいきを始めた
今朝の朝ズバを見ていたら自民党総裁選についてコメンテーターが自民党総裁選出馬予定者についての発言で候補者に魅力がないのではと言いながら、朝日新聞の世論調査で総裁にふさわしい人がこの中にはいないが24%もいる、との発言があったので、こういう回答は何%くらいが普通なのかと思って朝日新聞を読んでいたら、なんと、民主党代表選についても書いてあって、なんと民主党代表にふさわしい人はこの中にいないは、46%でした。 自民党には総理大臣にふさわしい人がいないが24%もいると発言した人は、民主党については何も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/11 18:48
民主党外交の成れの果て
今朝、朝日新聞を見ていたら、民主党東アジア外交の負の連鎖が止まらないと書いてあり、小泉首相が対米関係さえよければほかの国とはうまくいく、と野党やマスコミからなんと言われようと対米関係を大事にしていたことに対して民主党鳩山首相は、他のアジアの国々と協力すれば、できないことはないと中国や韓国に対して譲歩路線を取った、対米関係を軽んじた。その結果が今回に至った思います。返すがえすも2009年の選挙でとんでもない選択をしてしまったのでしょうか?日本国民は。 と思っていたらテレビに前原が出ていて、維新の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/18 22:30
くだらない民主党的政府広報ラジオ番組
TBSラジオ系列 政策情報 官邸発 毎週月曜日、帰りの車でラジオを聞いているといつも失敗したと思ってしまいます。 月曜日夕方に放送されているラジオ番組「政策情報 官邸発」これが聞こえてしまう、これがやな気分にされてしまうのです。これほど民主党的なくだらない番組はないと思います。問題なのは民主党の番組ではなく、内閣広報であるということ、すなわち税金で作られている番組なのです。何をやっているかというと、大臣たちがいろいろ、自分たちは、頑張っています、努力しています等中身のない言い訳のオンパレード... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/06 22:42
おかしいよ 「ビートたけしのTVタックル」
ビートたけしのTVタックル なんでこんなゲストを呼ぶ必要があったのか。 領土の問題に相手国の人間を呼ぶ必要があるのか。 中国人を呼べば彼らは自分の言い分を勝手にわめき散らすだけだ。 彼らは、自分の国では自由に発言できないことに、何も言わず 人の国に来て言いたいことを喚いている。 彼らは中国の言い分を無視すると大変な問題になると脅かすだけだ。 彼らは個人ではなく、国家を代表しているかのような発言しかしない。 こんな人間をテレビに出して、中国の言い分を勝手に言わせるな。 こういうこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/30 21:26
小泉・竹中財政金融改革
今日の日経一面で「金融ニッポン第一部危機の中の勝機@」というシリーズが始まり、書き出しは、3月下旬来日したイタリアのマリオ・モンティ首相が日本の有力な銀行・証券の首脳と会合をもってイタリアの国債をの購入を求めた。イタリア首相にはジャパンマネーは頼れる存在と映り、不良債権の問題にようやくケリをつけた日本勢はいつの間にか世界の優等生になった、と始まっています。 これこそ、わたしも前から言っていますが、小泉・竹中財政金融改革の中で行った不良債権処理が正しかったことの証明ではないですか、あの時、多少荒... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/23 18:33
今更、無責任野郎、鳥越俊太郎なんかを出演させるな
今日の報道ステーションを見たら鳥越俊太郎が出ていた、相変わらず、ボケ老人のようにわけのわからないことばかり言っています。国交省が整備新幹線3区間の着工を認可したことを古館が話題にするのに、自民党の悪口から始めたり、このような政治は国民が選んだことだ、と言っている。自分たちが民主党応援団として自民党の悪口を言いふらし民主党の期待を煽ったのはお前だろう、いまさら、しらっとこのような政治は国民が自分で選んだ結果なのだ、などと本当に無責任な男だ、もういい加減にテレビ局もこんな無責任野郎を出演させないでく... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/29 22:25
自分で決断できない民主党国会議員
日曜日テレビを見ていたら、消費税増税法案に対して、どう対応するか迷っている、いわゆる中間派の民主党一年生国会議員を取材していましたが、テレビ局もバカバカしい取り上げ方だと思いましたが、取り上げられた民主党国会議員がテレビの前で自分は自分で考える事が出来ない判断できない、と白状しているような発言や情が無いとか、「今のところ、7割賛成で3割反対って感じですかねぇ〜」この期に及んでも自分の意見がまとまらないとは、よく恥ずかしくなく言っているもんだとあきれてしまった。こんな人間を二度と国政に送ることなき... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/25 18:27
売る気があるのか、ないのか!?
『売る気があるのか、ないのか。客逃がすぞ〜!』 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/01 17:38
可愛い手作りベビーグッズたち
可愛い手作りベビーグッズたち  ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/10 21:52
読後感: 転迷 隠蔽捜査 今野 敏
隠蔽捜査シリーズの5作目 今までのシリーズを全部読んでいるものとして、このシリーズは読むのが楽しく、新しい本が出るのを待っている数少ない本です。私もこの本をかなり待ちましたが、この本を待っている人は300人を超しています。  隣の署の管轄内で変死事件が起きたのとほぼ同時に、自管轄内では悪質なひき逃げ事件が発生。 さらには捜査トラブルのために厚労省の麻取りが威圧的な態度で怒鳴り込んできたり、娘の彼氏が外国の地で飛行機墜落事故に巻き込まれるなど、主人公・竜崎伸也に様々な難問が起きてきます。 隠... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/08 20:20
平 清盛 のすべてがわかる本   中丸満 
『 平 清盛 の すべてがわかる本 』   中丸満  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/07 17:53
読後感: 黄泉から来た女 内田康夫
物語は、山形県鶴岡市で起きた、地滑りによる身元不明の白骨死体が見つかったことから始まる。 神代静香の職場に見知らぬ女性が訪ねてくるが、 その女性が後日、死体で発見される。 彼女は静香の母の実家の宿坊「天照坊」の近くで、 宿坊「大成坊」を兄 畦田裕之と営んでいた女性だった。 彼女は“何故、静香に会いに来たのか!” この題材で、事件は進められる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/31 11:53
完成!『さくら色のベスト』
『久々の手編み』 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/24 18:08
『夕顔の恋』 (最高の女のひみつ)  林望
『夕顔の恋』 (最高の女のひみつ)  林望 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/06 15:59
『豆苗』・・このお得感は、目によし、体によし、懐によし
『豆苗』・・ある農園の説明によれば、 「豆苗は食物繊維・ビタミン・ミネラルのバランスがとてもよくとれた野菜です。 中でも、カロテン(ビタミンA効力)の量は他の野菜と比べると群を抜いて多く、緑黄色野菜の代表格である「小松菜」の約1.5倍も含まれています。」との事。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/29 20:30
 『薄氷』 源氏物語絵巻―藤壺女御誕生秘話
『薄氷』 源氏物語絵巻―藤壺女御誕生秘話   ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/23 18:49
≪ 国会議員給料と特権の、内訳 ≫
≪ 国会議員給料と特権の 内訳 ≫ 「おじんと・おばんの、ある日の会話 C」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/02/03 21:57
我が家のパソコンも 【Windows7】買い替えは悩むもの
≪我が家のパソコンも 【Windows7】 ≫ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/02/01 19:07
読後感: ハング 誉田 哲也
宝飾店「ジュエリー・モリモト」経営者森本隆治が殺害された事件で新たな手掛かりが出てきて警視庁刑事部捜査第一課第五強行班捜査特別捜査第一係「堀田班」は事件の再捜査に駈り出され,ビルの警備会社南関警備保障の元従業員曽根明弘を逮捕する。 しかし、曽根は窃盗未遂は認めたものの、森本殺害については否認する。しかし、南関警備保障の雇った弁護士の面会を受けた後、なぜか曽根は森本殺害を認める。その供述に基づき、凶器も発見された。しかし突然、堀田班の面々に異動の辞令が出る。津原英太巡査部長(33)は杉並署刑事組... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/01/30 23:16
風邪予防には、≪金柑のコンポート≫
風邪予防には、≪金柑のコンポート≫ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/30 21:00
『朝まで生テレビ』 見ました。橋下ガンバレ!!
『朝まで生テレビ』見ました。 橋下ガンバレ!!  < おじんとおばんのある日の会話 B>  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/28 17:19
 『国民の期待を裏切った、前総理、菅直人がダボス会議出席』
『国民の期待を裏切った、前総理、菅直人がダボス会議出席』 「笑っちゃいます。何の責任も取らない、取れない菅直人がダボス会議に出席とは、」 しかも今年のテーマは『資本主義の再構築』だとか。 菅さんって、横田めぐみさんや、地村さん夫妻、原敕晁さんを拉致した実行犯の辛光洙(シンガンス)の釈放嘆願書を書いて盧泰愚(ノテウ)大統領に出したとかいう人ですよね。 しかも昨年、国会で、さんざん菅直人の「草志会」から北朝鮮の拉致グループに関係のある人物がリーダーだとされる「市民の会」へ、数千万という多額の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/26 22:23
   『 源氏物語 千年の謎 』 を 観て
映画 『 源氏物語 千年の謎 』 を 観て ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/14 14:59
国会議員を辞めなさい!民主党参議院議員 徳永エリ
今日の朝日新聞の発言録に民主党参議院議員 徳永エリのとんでもない発言が載っていました。調べたら、彼女の一川防衛大臣への問責決議に対しての反論の中での発言でした、つまり国会での公式な発言だったのです。 それは、一川防衛大臣がブータン国王の宮中晩餐会に欠席してまで同僚議員の金集めパーティーに出席したことに対して、、欠席届を出しているので問題ない。「私はこっち(金集めパーティー)のほうが大事だ」と発言したのも同僚議員への気遣いで忙しいこうむの合間を縫って大臣がパーティーに駆けつけると、支援者も喜んで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/10 19:55
読後感: 追悼者(Requiem) 折原 一
9月のある朝、浅草の古びたアパートで女の絞殺死体が見つかった。被害者は丸の内OL。調べが進むうちに、被害者には2つの顔があったことがわかってくる。昼はOL、夜は娼婦。この事件に興味を持ったノンフィクション・ライターの笹尾時彦が取材をしていくと、彼女の周りでは学生時代より、事故か事件かわからない奇妙な事件が頻発していた、奈美を殺したのは誰なのか?そして、其の理由は何なのか? 読み始めれば、すぐに97年の「東京電力OL殺人事件」をモデルにした物語だと思う。 しかし、現実の事件は、今も再審請求等で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/10 00:25
恥を知れ  鈴木宗男出所祝出席議員たち(刑期を終えていない犯罪者の仮釈放を祝う会なんですよ)
小澤一郎(もともと鈴木宗男と同類の人であり、すぐに同じ立場になるかもしれないので出席は当然)論評に値しない ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/12/08 18:30
朝日新聞の文章力も落ちたもんだ
最近、年をとったせいか新聞を読んでいて、文章の内容を理解出来ない記事が多いと感じていました、しかし、12月2日の朝日新聞の記事・経済欄「携帯電波競売前倒しはせず」を読んで、この記事も何を言いたいのか、何を伝えたいのか、総務省の意図していることや、政策実施の時系列が良く分からないと思ったが,その後、会社の昼休みに読売新聞を読んでいるうち、同じ事についての記事を読んで思いました! 私の年のせいではなく、朝日新聞の記事の文章力が落ちているのだ!と 読売新聞・経済欄「仕分け人 深刻さ理解していない」... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/12/02 20:06
どうしようもない御馬鹿さん 一川保夫防衛相
またまたやらかしました一川保夫防衛相、今回は、なんと国賓ブータンのジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王夫妻を歓迎する宮中晩餐会を欠席していました、その理由が民主党 高橋千秋参議院議員の政治資金パーティーに出席する為でした、そしてあろう事か挨拶で「この時間帯、宮中でブータン国王を招いて晩さん会が開かれているが、こちらのほうが大事だと思って欠席してこちらに来ている」と発言、後で国会で追及されて謝っていますが確信犯です。 この人の頭の中はどうなっているのか、何回も言いますが民主党国会議員はこんな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/17 19:16
新聞記者と弁護士の違い
先週の朝日新聞の特派員メモのコーナーに「雑学王の道は遠い」というタイトルでロサンゼルス特派員の方がロサンゼルスで開かれた雑学知識を競う大会に参加してどうしても弁護士チームに勝てない「どうしてだろう」と理由が分からないようなのですが、私は、理由は簡単だと思います。 それは、新聞記者は常に新しいネタばかり追っていて、物事を深く突っ込んで考えたりしないし、記事にした出来事のことでさえ後追いもしない人たちなのだから過去に起こった事を覚えている訳がない。 これに対して、弁護士は裁判で今までの判例などが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/16 19:35
勉強していない民主党議員
今回のTPP問題で野田総理が国会でISD条項を知らなかったと答弁しました。 私も知らなかったんですけれども、一般の国民が知らない事と、国会議員、ましてや総理大臣がこんな事を知らないなんて大問題だと思います。 こんな総理大臣が条約を結ぼうとしていたなんて、驚きです。 まして、国内世論が二分しているような大事な条約を結ぼうなんて! 大体、以前からたびたび感じることですが、「民主党国会議員は野党時代に、まったく勉強をしていなかったんじゃないのか」と、 「国会議員としていったい何をしていたんだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/15 19:33
無責任男 鳥越俊太郎
先週、報道ステーションをちょっと見たとき、鳥越俊太郎が出ていて、タイの洪水についてコメントしていましたが、そのコメントを聞いて、“ビックリ”なんと、彼はタイにこんなに多くの日本企業が進出していたなんて知らなかった、これが産業の空洞化なんですね、と発言。 この程度の事も知らないで、今まで色々な事に対してテレビで発言していたのは何を根拠に発言していたのか? 彼は、その時々、社会で起きたことに対して、その場の雰囲気に合わせて世間受けする耳障りのよいことばかり何の根拠も無くしゃべっていると思っていま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/17 18:06
読後感: 政権交代の悪夢 阿比留 瑠比
この本をよんでみて、あらためて感じたことは、政権交代などと言う国家、国民にとって大事な事を一時の勢いや流れでやってしまったことに対しての反省をしなければということと、これをあおった人々、特にマスコミの人々が今何を感じているのか、果たして反省しているのかと言う疑問です。彼らは、ジャーナリズム、ジャーナリストではなかったのです、彼らは単に反自民であり、民主党応援団だったのです。だから民主党と共にブーメランを恥ずかしくもなく、また何も気にならないのです、民主党政権が続いてさえいればよいのです。私も20... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/09 23:22
読後感: トリック・シアター 遠藤 武文
読んでみた感想は、話が飛びすぎてよく分からない物語だと思いました。 2010年3月21日未明に、奈良と東京で、女性と男性が殺害された。被疑者は被害女性の夫であり、被害男性の大学時代のサークルの先輩だった。同一人物による500km離れた場所での同時殺人。 捜査をする月島署の刑事・本多を中心に話は進みますが、彼は上司の矢木と一緒に警視庁刑事企画課、需要方分析支援第二室、「裏店」へ行くことになり、ここで2人を待っていたのは我孫子警視正。すごい記憶力と洞察力を持つ我孫子は2人を引きつれ、晴海と奈良の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/10 19:32
読後感: マグマ 小説国際エネルギー戦争 真山 仁
この本は、たまたま図書館で借りたのですが、とても今ピッタリの本でした、それは日本に向いていると思われる地熱発電が大きく成長しなくて何故、原子力発電に頼るようになったのかについてが分かるようなお話です。 外資系ファンドのゴールドバーグ・キャピタルに勤める主人公野上妙子はGC東京支店長の待田から、地熱発電を研究運営する日本地熱開発(地開)の再建を任される。 彼女は会社の姿勢や先輩の拝金主義に疑問も持つ、きわめて正常な神経の持ち主なのだが、GCの社員である以上、会社を再建させて転売する、というターン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/05 19:19
読後感: 初陣 隠蔽捜査〈3.5〉 今野 敏
ご存知、隠蔽捜査シリーズ第3.5弾。 3.5とは何かと思ったら、この本は警視庁刑事部長・伊丹俊太郎と大森署長・竜崎伸也。幼馴染にして同期のキャリア二人のおかしなやり取り、竜崎に敵対する野間崎方面本部管理官や、大森署の貝沼副署長と斎藤警務課長、特に女性キャリアの畠山美奈子の話など上層部が竜崎を困らせようとわざと部下にした、など今までの隠蔽捜査シリーズの裏話やシリーズの間に起きた小さなお話等、舞台裏を描いた8話からなる短編集で、基本的には警視庁刑事部長の伊丹が様々な難問に出くわしそれを竜崎に相談す... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/03 18:49
読後感: エチュード 今野 敏
渋谷と新宿で連続通り魔事件が発生した。 どちらも協力者が犯人にしがみつき、駆けつけた警官によってすぐに現行犯逮捕された。 しかし、どちらの事件も取り押さえられた犯人は「俺じゃない」と言い、協力者は姿を消す。 こいつが犯人だ叫びながら押さえつけてくれてた人がいたけど、気づくとその場から姿をけしていた。しかも捜査員たちが、その協力者のことを思い出そうとすると、逮捕した容疑者の顔しか浮かばず、なぜか協力者の印象が全く浮かばないと、異口同音に言う捜査員たち。現行犯逮捕という非常事態だからといって、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/03 18:35
読後感: 警視庁FC 今野 敏
『警視庁FC』というタイトル、FCとは最近流行のフィルムコミッションのことです。 普通、FCは映画の撮影等に協力して、地元のPRや地元を潤すために自治体が組織していますが、ここでは警視庁が組織したことから話が始まります、このやり方はある意味当然かもしれません、それは、FCの仕事には、映画の撮影等で交通規制が絡むからです。 さて、お話は長門室長の下に各部署から4人が集められ、彼らは専任ではなく本来の業務との兼務である、今回の主人公は本庁地域部地域総務課の楠木肇、彼は定時に登庁して定時に上がる公... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/02 19:13
読後感: Iターン 福沢 徹三
リストラ寸前のサラリーマンが左遷された先で 待っていたのは肌に合わない土地柄、話にならない取引先。 仕事のミスをつかれて暴力団の餌食に?要求された金額は払えるはずも無い 果たしてこの状況が何とかなるのか? 後半、ついに命の危機にまで追い込まれた主人公は 脅迫や収賄など犯罪行為に巻き込まれる。 最後は取引先を含めて周りの人間にヤクザの関係者だと思い込まれて 本社復帰がかなう事に しかし、この本を読んでいて、作者は何を言いたいのか、分かりませんでした。 ただ、面白ければよい!   ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/27 22:22
読後感:神苦楽島 上・下 内田 康夫
浅見光彦シリーズ最新作『神苦楽島』、今回の舞台は淡路島。 建設省の役人の三浦延之は淡路島で、建設会社で役員秘書をしている中田悠理は秋葉原で浅見の腕の中で息を引き取る。この二つの事件は関係あるのか? 当然、浅見光彦がなぞを解いていくのですが、作者は「オウム真理教の事件を踏まえ、ぜひ書きたかったテーマ」とおっしゃっているらしいのですが、私は宗教団体と政治の関係、企業の政治献金の問題が提起されていると感じました。物語の中で、この二人は共に淡路島出身ということで、淡路島の拝み屋、民間信仰、牛頭天王か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/27 20:47
折り鶴を折りながら 平和を願う
ここ数年、我が家で恒例となった 『平和の折り鶴』作り ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/25 21:25
久々の梅干作りと他もろもろ
この時季だけのお楽しみ  我が家も、久々にいろいろ挑戦してみました  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/30 20:59
 安易な増税への怒り
『社会保障の財源のための消費税増税??』 『再生エネルギー法案??』   ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/25 15:18
ドサクサに紛れた 消費税10%値上げ論、冗談じゃない!!
消費税10%値上げ、冗談じゃない!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/01 10:30
読後感:天網 TOKAGE2 特殊遊撃捜査隊 今野敏
今野敏の隠蔽捜査のシリーズがおもしろかったので,読んでみたが以前にこのシリーズは読んでいました.TOKAGEと呼ばれる警視庁のバイク部隊の活躍を書いていて、それとともに新聞記者の眼も入っている.物語は3件の同時多発バスジャックだ。 警視庁刑事部捜査第一課特殊犯捜査第一係もこの捜査にあたる。 TOKAGEの一員でもある上野数馬(32、巡査長)、白石涼子(30、)は、バスを追うが、途中で帰投命令が出る。そして帰投の途中で更に府中の東央交通本社からJL関東バス本社へと帰投先の変更が命じられる。この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/29 00:00
読後感:リストラに乾杯! 汐見 薫
主人公は自称エリートで東都大学を卒業後、丸の内銀行に入行し二十九年間、仕事もよくできるし、リストラされる筈がないのにある日、 上司に嵌められ突然、関連会社に出向する羽目に。そこから 人生が狂い始めた。出向先でも上手く行かず、最後まで丸銀のプライドを棄て きれない主人公が資格(社労士)取得を目指すことになる。だが、大学入試や就職と違って資格も簡単には取れない。アルバイトの青年には小馬鹿にされ、資格試験にも失敗する、東都大学で丸銀マンだったから結婚したと公言する妻の不満は日々鬱積、八方ふさがりの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/28 22:53
読後感:下町ロケット 池井戸 潤
かつてロケット開発に携わっていた佃航平は、打ち上げ失敗の責任を取って研究者の道を辞し、いまは親の跡を継いで従業員200人の小さな会社、佃製作所を、下請けいじめ、資金繰り難等の中小企業の悲哀を味わいつつも、日々奮闘して経営していた。不景気の最中、主力製品の売り上げは落ち込み、頼みの大口顧客からの仕事も減り経営的に苦しくなっていた。更にライバルである大企業ナカジマ工業から技術の特許侵害で訴えられ、佃製作所は廃業のピンチを迎える。明らかに先に開発した技術・先に取得した特許だったが、特許技術の定義の仕方... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/21 12:14
読後感:ソウルケイジ 誉田 哲也
多摩川土手に乗り捨てられたワンボックス・カーから、血塗れの左手首が発見された! 警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子と捜査一課殺人犯捜査係の刑事たちは、所轄と組んで捜査にあたる。しかし、手首の持ち主と思しき男の周辺を調べていくうちに、つぎつぎと意外な事実が浮かび上がってきた。 お金に困った人を利用してその人間を建築現場で事故死に見せかけて保険金を取るというヤクザとヤクザ関係の建設会社! 内容的にはDNA鑑定の錯覚や思い込みを利用しての人間の入れ替えを企て成功することから捜査が混乱するがこの事に気... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/27 21:24
読後感:ストロベリーナイト 誉田 哲也
都内の公園にあるため池近くの植え込みで、ビニールシートに包まれた男性の他殺体が発見された。警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は調査と持ち前の勘で、これが単独の事件ではなく、他にも被害者がいて、ため池にもっと遺棄されていると推理する。そして、ため池からは推理通りに別の遺体が発見された。捜査を続ける中で、それを証明するように管轄をまたぎ、11件の殺人が起こっていた。 被害者達が共通して急に積極的な性格になったこと、毎月第二日曜に秘密の行動をとっていたことが明らかになる。そこで浮上した謎の言葉「ストロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/27 10:00
読後感:君たちに明日はない  垣根涼介
リストラ請負会社に勤める村上真介の仕事は、リストラ専門の面接官。たとえ、相手に何をされようとも真介はこの仕事に、やり甲斐を感じている。読んでいるうちに以前、坂口憲二、田中美佐子、堺正章等が出演したNHKのドラマの原作だと気がつき、これは面白のではないかと思い三作一気に読んでしまいました。一作目はなんと言っても、主人公村上真介がリストラ対象者の建材メーカー『森松ハウス』のアラフォーの課長代理芹沢陽子の気の強さに好意を抱き、なおかつ自分の年上好みから、あろうことかデートに誘いその時エレベータの中でキ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/19 20:49
読後感:インビジブル 誉田 哲也
警視庁捜査一課册事犯捜査係の警部補・姫川玲子が新しく捜査本部に加わることになったのは、ひとりのチンピラの惨殺事件。組同士の抗争が疑われたが、それほどのヤクザでもないことが分かってきた。しかし被害者の関係で4課と1課で捜査を始め捜査が膠着状態になったころ、1課に対して捜査線上に「柳井健斗」という名前が浮かんでも、決して追及してはならないと上層部から奇妙な指示を受ける。何故なら、事件に「柳井健斗」が関係していた場合、過去の警察の捜査の失敗が明るみに出てかなりの警察関係者が辞めなければならなくなる、と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/07 20:54
読後感:世田谷駐在刑事(でか) 浜 嘉之
山間部ではなく高級住宅街、東京・世田谷のど真ん中にある「駐在所」、その「駐在員」がマル暴刑事の「全国指導官」暴力団員から鬼コバと恐れられる小林健警部補、警察捜査の第一線を知りつくしたその男が、地域住民からの情報や相談から諸悪と対峙し、後輩刑事たちを鍛えながら解決していく物語ですが、小説としては話が主人公のスーパーマン的活躍によってあっという間に解決してスッキリするのですが、余りに完璧すぎないか?と思ってしまいます。私が感じたのは、話の中で、程度の低い中間管理職、この小説の中では、課長、副署長、管... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/26 10:38
読後感:凍土の密約 今野 敏
公安部外事一課に所属する倉島警部補が、殺人事件の捜査本部に行くように命じられた。殺しの手口はプロ。さらに数日後、第二の事件が発生しロシアとの密貿易を資金源にしている暴力団員が殺された。捜査を進めるうち、第三の事件ではロシア人の経済スパイ、第四の事件は公安捜査員に協力していたロシア語の教授が殺害された。 実行犯は元極東ソ連軍の特殊部隊に所属していた人物と推定されたが、はたして犯人は誰で、目的は何なのか?。被害者の関連性は今のところ無い。 公安が捜査に関わる事によって当然のように刑事対公安の問題... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2011/02/22 19:08
読後感:成り上がり 江上 剛
貧しい暮らしをしていた武士の子として生まれた安田善次郎が、家族や多くの人達との出会いで成長し、やがて安田銀行(後の富士銀行・現みずほ銀行)をつくり成り上がっていくストーリー。著者は「成り上がり」という言葉を軽蔑ではなく、敬意を込めて使っています。それは今の若者には無い、出世したい、偉くなりたいというエネルギーがもっとあっていいと。 「誠実」「真面目」「平凡見えることを非凡にまっすぐに続けること」「実務の才は実直な人に宿る」などなど、安田善次郎の生き方には現代のサラリーマンにとっても教訓となるこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/22 18:35
読後感:沈底魚 曽根 圭介
『中国に機密情報漏洩、現職国会議員が関与か? 米国亡命の中国人外交官が、重要証言』の情報に対して、いったんは信憑性無し、捜査不要との指示を受けた主人公・不破ら警視庁外事二課の刑事たちだったが、しかしその数日後、「ホトトギス」と呼ばれる情報提供者から、外務省を通じて機密漏洩を裏付ける文書が届いたことで事態は一転、再捜査の指示が出る。大物の「沈底魚」(若い頃、弱みを握られたりして工作員に引きずり込まれ、何年もの間、ひっそりと暮らし、指示があると工作員として活動を始める)が日本に、しかも国会議員として... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/15 23:30
宇津保物語
宇津保物語 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/15 21:13
読後感:特命捜査 緒川 怜
焼き物の工房を営む初老の男性の死体。物語はそこから始まる。 その被害者は十年前に起きたカルト教団集団自殺・連続爆破事件の捜査直後に依願退職した元公安警察官だった。 捜査本部の中で、ある二人の刑事に与えられた極秘の特命捜査、その二人とは、取調室で被疑者死亡事件を起こした男性刑事、瀬川文秋。物心つく前に親に捨てられ孤独に生きてきた女性刑事、功刀沙矢子。 昔から言われている公安警察と刑事警察の確執によって、捻じ曲げられる捜査状況、組織の論理に振り回されて起きた現場警察官の自殺。卑劣な捜査妨害を仕... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/11 21:22
『日出処の天子』
山岸涼子さんの『日出処の天子』と言うマンガに出会ったのは、 確か、とあるテレビ番組の何処かの社長紹介の中での事。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/10 17:41
読後感:教室の亡霊 内田 康夫
この本の説明文(帯?)にこの小説連載開始の三ヵ月後に大分県教員採用汚職事件の容疑者が逮捕された。と書いてあり、タイミング的には非常にタイムリーに発表された本です。 内容は、臨時教員を経験して、念願の教員になった主人公の女性が、臨時教員時代に間接的に関係の有った教員が教室で殺され、事件の背景に自分の子供を教員にしようといろいろ手を尽くした被害者を通じて教員採用試験の不正問題を明らかにしています。それと共に、大学を卒業して直ぐに教壇に立つ新人教員は経験も無いのに、経験豊富なベテラン教員と同じ様に、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/24 22:51
神話の世界《月神シリーズ》
≪月神シリーズ≫ 『月神の統べる森で』『地の掟 月のまなざし』『天地のはざま』『月冠の巫女』『裔(すえ)を継ぐ者』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/19 17:54
読後感:タナボタ! 高嶋 哲夫
政権交代が起こった衆議院選挙で、「風は我が党に吹いている。とにかく数を集めろ」と絶叫した党首の下に、公募に集まった、政治に程遠い人間達のほとんどが当選してしまった。その一人、プータローの大場大志(27)は当選して年収2,200万円の一年生議員になり、この職業の美味しい待遇を知るにつれて、何とか任期満了まで選挙をしないで、この生活を続けてお金を貯めたいと思い始める。 ほぼ、民主党の政権交代選挙を風刺している小説ですがこの主人公は、政治に目覚めて、ある法案を議員立法で成立させようと思い立つ、はじめ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/04 22:55
トランス脂肪酸含む食品 セブン&アイ全廃方針に思う
12月26日(日) 朝日新聞の一面に、 【トランス脂肪酸含む食品 セブン&アイ全廃方針】という記事が載っていた  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/28 18:41
ドラマスペシャル『忠臣蔵』
毎年、この時期の定番と言えば、『忠臣蔵』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/25 23:56
クリスマス
12月24日(金) 今年も外出の後、恒例のイルミネーションを見学に行ってきました ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/25 01:35
読後感:拝金 堀江 貴文
この本は、ご存知『ホリエモン』こと堀江貴文さんが書いた小説です。 内容は、彼の自伝?のようなものでしょうか 主人公『ホリエモン』が《何故、企業家として成功し、その後、刑事被告人と言われなければならなかったのか》と言う理由の部分が微妙に“フィクションであるのか?ノンフィクションであるのか?”この部分をどう理解か、自問することも面白いかも知れません。 私などは、堀江さんが地検特捜部に逮捕された時、何故検事が記者会見の場でわざわざ「額に汗する人が、馬鹿を見ないようにするため逮捕した」などと言った... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/23 14:33
優しいモヘヤの毛糸
 手芸屋さんで見つけた  モヘヤが少し混じった   ふんわり優しい毛糸 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/12 20:56
 源氏物語 『あさきゆめにし』
図書館をぶらついていた私の目に、何気に留まった 『知識ゼロからの源氏物語』と言う本 「う〜む。光源氏か・・ あのグインサーガのアルド・ナリスと、どちらが美形かな!?」などと、馬鹿げた空想をしながら軽い気持ちで借りて読んでみたところ、これがなかなか後を引く 本の紹介で、“初心者は大和和紀の『あさきゆめにし』もお勧め”と書いてあったので早速ネットで図書館に予約してみた。 これが我ながら驚くほど『大ヒット!!』・・泣けて、泣けて・・ ・・特に《紫の上》には・・もう、泣けて、泣けて・・... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/11 23:48
読後感:世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか 菅原琢
『2009年総選挙で自民党はなぜ大敗したのか』を分析した、なかなか面白そうな本なので読んでみました。 あの当時、マスコミは「小泉・竹中の構造改革によって格差が広がり、また地方経済が疲弊した結果、国民が反発した」と言う様な“小泉・竹中バッシング”を、2009年の衆院選で民主党が政権交代を成し遂げるまで執拗に行なった結果、自民党は大敗したことになっているが、実際は、自民党がマスコミ情報に惑わされたり、自分の選挙に有利になると思い込み、依然として利益誘導的な考えから、国民が応援した小泉改革に否定的に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/26 19:15
読後感:オーディンの鴉 福田 和代
近々の閣僚入りを確実視されていた国会議員・矢島誠一は、東京地検が彼の家宅捜索を行う当日の朝、「私は恐ろしい」不可解な遺書を残し、謎の自殺を遂げた。真相を探る特捜部の湯浅と安見は、自殺の数日前から矢島の個人情報が大量にネットに流れ、彼を誹謗する写真や動画が氾濫していた事実に辿り着き、匿名の人間たちによる底知れぬ悪意に不安を覚える二人だったが、やがて彼らにも、犯人による執拗な脅迫が始まり、ついに彼らにも差出人不明の封筒が届きはじめる。 防犯カメラやクレジットカード、携帯電話、Suicaなど、便利な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/25 14:40
読後感:トリプルA 上・下 小説格付会社 黒木 亮
他の人の書評や、この本の帯につられて読んだんですが、正直たいしたことが無かった本でした。 もう少し格付けについて詳しく書いてあるのかと思ったのですが、会社の内幕的な部分は別にして、全く専門外の私でも知っているようなことばかりでしたが、ここで書かれている格付け会社の利益追求と公平性の維持というジレンマは企業としては当然であって当たり前だと思いますが小説としては読みやすい本だと思い、すらすら読めました。それから、本の中で主人公の障害者の娘について書かれている部分で、私もヤマトの小倉さんの事を思い浮... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/16 22:24
ハンドウォーマーと仲間達
最近、時々訪れてくれる 編み物好きの姪っ子。 共に感化し合い、図書館から借りた、たくさんの本の中から 手ごろな作品を選択し、音楽とおしゃべりとおやつを時間のスパイスに組み入れながや、 楽しい思いで、久々に作ったかわいいハンドウォーマー ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/14 16:16
 ペイ・フォワード 可能の王国
日本では、昔から見知らぬ人に親切に接し、感謝されることは、普通にある。 「親切にしてもらい、有難うございます」そう言って感謝する相手に、 「私の子供も、見知らぬ誰かに、親切にしてもらいたいと願うと、誰にでも親切に接する事はあたり前よ」と、答える。 こんな何気ない思いや会話を、もっと確実に、もっともっと純粋に、広めたものが 先日、テレビで見た 『ペイ・フォワード 可能の王国』なのではないか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/10 22:39
読後感:同期 今野 敏
私の好きな作家、今野敏さんの同期を読みました。私も同期と言えば同期入社の人間を思い出しました、但し、私の場合は普通の会社なので生死をかけた関係ではないけれど、やはり、一種独特の関係だとは思います。 話の内容は、ノンキャリアで採用になり、交番勤務を経て、捜査一課と公安部にそれぞれ配属された主人公とその同期を中心に話が進んでいき若い刑事が同期の失踪をめぐって、警察上層部、公安、組織犯罪対策部等々に挑み、その過程で、彼を支え、導くベテラン刑事二人が渋く光っていますし、この小説では、警察組織、公安警察... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/29 21:23
読後感:バイアウト(企業買収) 幸田 真音
作者の経歴(米国系銀行や証券会社で債券ディーラーや大手金融法人を担当する外国債券セールス)を見て、企業買収やファンドのやり方などが詳しく書かれているのかと思ったが、その件に関しては、ありきたりな事しかかいてありませんが、上昇志向の強い外資系証券会社の女性社員を中心に、ある音楽会社の支配権を巡って、その音楽会社の幹部、バイアウトファンド、外資系証券会社などそれぞれ思惑を持つ人たちを描写しながら物語が進行していくのだが、彼女の強みが能力ではなく対象会社である音楽会社幹部である小さい頃に生き別れた彼女... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/24 22:44
 おじんとおばんのある日の会話 A
   お盆の帰省でまた思い出した『むかつく』こと ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/17 22:57
読後感:スギハラ・ダラー 手嶋 竜一
この本は第二次世界大戦が始まりドイツによるユダヤ迫害のポーランドで、日本からの大使「杉原千畝」の発行するビザで命からがら逃げおおせたユダヤ人達「スギハラ・サバイバル」の民やその子孫達が、歴史上においてドル・ユーロと密接に関わり、独自のインテリジェンス組織が世界の金融市場を左右しているという説に基づいて物語が進んでいく。よくあるユダヤ陰謀説まではいかないが、ユダヤが世界金融を動かしているというお話に、日本人との子供の頃からの友情を絡めた小説である。 この作者の書くインテリジェンス小説は、世界で起... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/16 20:32
読後感:暴風地帯 中村 敦夫
中村敦夫の小説という事で読んでみました。 内容としては、原子力発電廃棄物処分場の誘致派と、再生可能な自然エネルギーの一つ、風力発電の推進派との抗争という大筋の中に、発電用風車に吊された女性の全裸死体が発見され、同時に被害者が所属する自然エネルギー風車派住民組織の理事長が行方不明、地元暴力団組長や国会議員の利権がらみのお話の中に、元警視庁捜査一課長の経歴を持つ名探偵僧侶など話が色々詰まっていて流れ的にはかなり練っている仕上がりではあるが本来はワクワクしながら話の先を知りたがる気になるところなので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/16 20:30
驚きの【ベートーベン交響曲 第7番 第2楽章:アレグレット】
最近、私の頭の中では、 この曲、ベートーベン交響曲 第7番 第2楽章 が、鳴り響いています。 そもそもの、きっかけと言うのも、『のだめ』で、お馴染みになった《ベト7》を、野外コンサートで演奏すると言う事で、 にわかクラシックファンのわが夫婦も、これ幸いに聴きに行ったところ・・・・・ もう感動のあらしで、心が『ズトン』と落っこちてしまい、ただいま現在すっかり、はまりきってしまいました。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/26 19:13
読後感:裏と表 梁 石日
主人公樋口は、8年間の金券ショップ勤務の後、念願だった自分のショップを開店するさいに二人の人間の世話になった。高校時代からの親友高瀬には資金面で、仕事で知り合った少し年上の諸橋には商品の品揃えの面で。商売はいちおう軌道に乗った。高瀬は大手運送会社の営業課長だが、会社の先行きに不安を感じて忠誠心は全く無く今は一旗あげたいという野心の虜になっている。諸橋はこの業界を知り尽くしている凄腕ブローカーだが誰にも明かさない過去が後半になって明らかになってくる。  樋口は、店のオープンの日にやってきて、高速... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/21 21:45
読後感:オレたち花のバブル組 池井戸 潤
『オレたちバブル入行組』の続編です バブル時代真っ只中に入行した『バブル入行組』の営業第二部次長の半沢直樹。黒字化を前提に二百億円の融資をしたばかりの伊勢島ホテルが運用失敗で百二十億の損失が発生、頭取命令で再建を任され、調べるうちに伊勢島ホテルはこの損失を隠蔽しようとしていてそれに気が付いたライバル行はすでに逃げて、自行だけで後始末をすることになってしまう、そして悪い事に、金融庁の監査が入る事になり、この件を金融庁に問題にされないようにしなければならないが金融庁検査官の黒崎は強烈なキャラでやり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/20 13:50
読後感:ロスト・シンボル上下巻 ダン・ブラウン
ロバート・ラングドンシリーズの第3弾、舞台は前2作のような古都ではなく、二百数十年の歴史しかないワシントンDCなので、お話はどんな展開と思ったらフリーメイソン。私としては、このことについては、あるような、ないような?、あっても中身がいわれているほどのものではないのではないかと思っていますが、知り合いのアメリカに留学して向こうの大学を出ている人は、かなり真面目に信じていて、世界で起きている色々な事の原因は彼らだ真剣に言っていた事を思い出しました。そして、ローマやパリと比べてワシントンの町を舞台にし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/13 14:55
読後感:株価操縦 相場 英雄
主人公・菊田美奈子は新聞社の経済部に配属され東京証券取引所の記者クラブに詰めている。ある日、記者クラブの幹事会社担当の日、老舗中華料理レストランチェーン「西大后」に対するTOBを名乗り出た男が、美奈子に接近して偽の情報を流す。この騒動の際、幹事役として、しっかりとした情報提供ができなかったため、他新聞社からバッシングにあう。しかし、これは、罠であり、濡れ衣を着せられる形で責任を問われた彼女は、経済研究所研究員の閑職を命じられた。すべてが違法な仕手戦によって巨万の富を得ようとする金融ブローカーの罠... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/31 20:08
読後感:偽装通貨 相場 英雄
大手都銀出身の消費者金融店長が主人公 大手都銀にのっとられ陰謀により消費者金融をやめることになった主人公が、消費者金融からの借金を返さないゲーム開発のエンジニアと組んでアンダーグラウンドなネット通貨の抜けん穴のビジネスへ将棋のアイテムを使って富裕層のお金を海外へマネーロンダリングする話でした。 ポイントなどの仮想電子通貨のあぶなさなどや、電子マネーや企業が発行する換金可能なポイントの法の不備が描かれていて、サラ金の王様や、自分の裏家業に取材が迫った時平気でその記者を殺すようなほんものの怖い経... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/26 21:26
読後感:帰郷 刑事・鳴沢了 堂場 瞬一
刑事・鳴沢了シリーズ第5弾です。 父の葬儀のため、郷里に帰っている鳴沢のもとへ葬儀の翌日、鷹取正明が訪ねてくる。15年前、父を殺した犯人を捕まえて欲しい、と言い、父の友人である羽鳥を犯人だと言う。奇しくも葬儀の日に事件は時効を迎えており、新潟県警鬼の一課長と呼ばれた父にとって唯一の未解決事件だった。鳴沢は、忌引き休暇中に仕事ではなく個人的に事件を追う、という設定でなにかと制約があります。始めは、ひたすら当時の関係者に話を聞く、ということの繰り返し、しかも、15年も前の事件を蒸し返す、ということ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/26 21:03
読後感:社長解任動議 金沢 好宏
急成長中の情報機器商社「アドバンス」の取締役パソコン事業部長・畑山にとって、社長の木田は、超えられない存在で、常に畏怖の念を抱いていた。そんななか、巨大総合商社・扶桑物産が、室町銀行と組んでアドバンス乗っ取りを企て、取締役の中には、すでに乗っ取り側と通じている人間もいる。彼らの要求は、社長の交代―それを呑まなければ、銀行は融資を引き揚げるという。ここで木田側にたてば、畑山も社を追われる。家族をかかえた40代の身で、迷い、悩む、あの木田を見捨てろというのか。しかし、妻の一言で考えが決まった、「社長... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/24 23:36
読後感:鉄の骨 池井戸 潤
主人公は中堅ゼネコン「一松組」に入社して3年。建設現場から業務課へ移動となった。業務課は尾形常務が管轄して「談合課」と呼ばれている。課長の兼松、課員の西田と理沙と一緒に公共事業の入札や談合の調整をする。東京で新しく地下鉄工事が行われる。その工事をなんとしてでも取りたい一松組。それは他社も同じこと。今回の入札には大物談合家の三橋が関わっている噂されていて、尾形に連れられていった競馬場で三橋と会った主人公平太は母親と同郷だという三橋に気に入られる。三橋は大手GC山崎組の顧問で、「調整だ談合だという時... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/22 23:38
読後感:デフォルト 債務不履行 相場 英雄
時の金融担当大臣の政策スタンスを批判したエコノミストが、その批判のために職を追われ、やがてかの大臣の敷地内で文化包丁で自殺したことにより、彼の友人・知人達が反応し敵を討とうと行動を開始した。 新聞社の日銀担当記者、中堅ヘッジファンドオーナー、ホストクラブの支配人、日銀総裁秘書たちの、現金強奪のようなこと、日銀施設のようなこと、日銀マンを薬入りの飲み物で眠らせての拉致のようなこと、そして日銀や財務省の裏をかくマネーゲームを展開して、、それで恨みある日銀総裁と金融担当大臣にダメージを与えて溜飲を下... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/18 20:30
読後感:巡査の休日 佐々木 譲
道警シリーズの第4弾ですが、道警組織対主人公達という流れは第3作でひとまず完結ということだそうで、今作からは登場人物を発展させていく新シリーズだそうです(どなたかが書いていました)が私はガッカリしました、それは、一つ一つの話に、深みがないというか大して面白い話とは思えないのと、こまごました事にこだわりすぎていて、作者自身が話されているようですが札幌を中心に地理的に細かく描写する事、地名や距離そして経過時間が正確な事にそんなに意味があるのでしょうか、札幌の人間とっては、実感できる事ですが、小説とし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/05 14:04
読後感:金融腐蝕列島 完結編 全4巻 高杉 良
『金融腐蝕列島シリーズの完結編』やっと読みました。 話の内容は、さて置き、私の多少老いた脳細胞にはどうもちょっと違和感が隠しきれませんでした。 と言うのも、私はと言うことだからなのでしょうか。 作者は以前から小泉・竹中構造改革についてかなり批判的に、 二流の経済学者が経済に疎い総理をたぶらかして好き勝手をやっているかの様に書いています。(本では大泉総理、竹井金融担当大臣となっています) 例えば『実際の経済を知らず、アメリカ資本の手先の竹井さんが(ハードランディング)をやるのは愚の骨頂だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/02 19:29
読後感:Kの日々 大沢 在昌
主人公は木(もく)という呼び名の探偵、彼は不正を疑われ、また仲間を裏切った人間としてやめる事になった元警察官。 3年前にヤクザの組長を誘拐し身代金8000万を隠したまま死んだ中国人・李。 消えた金のありかを探るため、李の恋人だった女・Kの身辺調査を組長誘拐犯だった元組員の坂本と花口に依頼されたが、調査をすすめる段階でKと親しくなり惚れてしまった木。 Kと木のまわりには、誘拐された組長の息子の丸山が現れ、闇の死体処理会社の二代目・畑吹も顔を出す。さらに悪徳刑事鬼塚も加わって、大人数での真相究... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/16 23:26
これ以上、無駄な借金増やすな!!
アフィリエイト ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/31 18:38
岩城宏之さんの『音の影』
ひょんなことから読み出した岩城宏之さんの『音の影』 「こんな事まで書いちゃっていいの?」と思うほど面白い  “おすすめ”です ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/26 23:46
読後感:仇敵 池井戸 潤
銀行小説としては珍しく庶務行員が主役で活躍する物語です。地銀の武蔵小杉支店に庶務として中途採用された42歳の恋窪商太郎。彼は、以前は大手都銀の企画部次長職にありながら、自行の常務の不正追及を跡一歩まで迫るが、返り討ちにあい逆に罪を着せられ追われてしまった。新天地では、ただものではない庶務行員に若手の融資・渉外担当の松木啓介は個人的に仕事上の相談を受けていたりその問題を解決し感謝されていた。ところが以前在職した大手都銀行員、取引先や税理士が事件に巻き込まれていくにつけ、大手都銀を私物化し私腹を肥や... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/07 10:23
読後感:銀行仕置人 池井戸 潤
メガバンクでエリートコースを歩んでいた黒部は、常務とIT企業のワンマン社長が仕組んだ、とあるIT企業への巨額融資の失敗の責任をとらされ、「人事部付き」という閑職へと追いやられてしまう。現在の上司の人事部長の誘いにのり常務派の不正追求に乗り出す、黒部が復権するためには身内の不正を暴くしか道はなかった。話としては速い展開で面白いが、常務派の支店長が情実融資や万引きで墓穴をほってしまうなど、仮にもメガバンクの支店長になるような人間があまりにも脇が甘く簡単に失脚しすぎたり、常務が外部の人間と結びついてこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/06 22:06
読後感:今日の総理 池上 彰
この本は朝日新聞に毎日掲載される「首相動静」について解説したもので32年間の記事から200日分ほどを選んで解説している。政治家について、淡々と記事を解説しているので、時代や政治と政治家について考えさせてくれる。鳩山由紀夫や麻生太郎などの最近の首相については、現実的すぎてつまらないのだが、福田赳夫時代から現在の政治家たちの父親たちが登場していて、世襲が如何に多いか実感することができるし、松村剛、安岡正篤、若林敬、西山千明などと会っていて勉強しているのを感じる。 また、大平正芳は麻生太郎と同じくキ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/22 22:55
読後感:退職刑事 永瀬 隼介
5編の短編集です。 題名通り退職した刑事が出てきますが登場人物は、問題をかかえている。事件を解決したとしても、後味のよいものではない。 たとえ、いくら警察官の質が落ちたとしても、こんな人が本当にいるのだろうか? こんなに警察・警察官にこだわり続けるのだろうか? 読後感は“むなしい”こんな感じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/22 21:08
読後感:天涯の蒼 永瀬 隼介
地元の暴力団と県警との癒着の目に余る北関東の香田市を舞台にしたお話。 主人公の古城は、元県警本部捜査一課の辣腕警部補だったが、ある事件の誤認逮捕から、警察を辞めさせられる。組織という後ろ盾をなくした古城は、興信所を開業して、浮気と素行の調査が大半という仕事をこなす古城は、ある少年との出会いから、自分が警察から追い出されたのは、警察上層部の陰謀だったのでは、と疑惑を持つ。彼は現職時代から、地元の暴力団と県警との癒着を極秘調査していたのだ。やがて、疑惑は確信に変わり、古城は自分が警察を去るはめにな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/02/19 13:37
読後感:地の日天の海 上・下 内田 康夫
以前にも書いていますが、今まで私は、浅見シリーズや信濃のコロンボシリーズ等をほとんど読んでいる内田康夫さんのファンなので、内田さんにしては珍しい歴史小説なので読んでみました。 「戦乱の世に燦然と君臨する日輪とは」 「若き日の天海大僧正(随風)が観た信長、光秀、そして秀吉」 とこの本の帯に書いてありますが私の感じでは天海大僧正(随風)の考えはあまり感じられず「信長、光秀、そして秀吉」の部分がメインの大河小説風歴史読み物にしか感じなくて、特に新しい発見も無く、「野心的歴史超大作」とはどこから来... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/19 13:04
読後感:閃光 永瀬 隼介
昭和43年に起きた「三億円現金強奪事件」の30数年後を扱ったミステリー。 事件は、東京都小金井駅前のラーメン店主、葛木勝、53歳の死体が発見されたことから始まる。 三億円事件は、立川を中心とした非行不良少年グループの犯行であり、リーダーは現職警察官の息子であり犯行後、親に責められ自殺してしまう、しかし本当に自殺なのか? ここまでは、今までにも聞いたことのあるストーリーですが、この本では、もうひとひねりして、警察の幹部を父に持ち、過激派の活動家の女が計画を立案して非行不良少年グループに実行させ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/02/16 18:51
読後感:疑心 隠蔽捜査3 今野 敏
竜崎伸也の隠蔽捜査シリーズ第三弾。 第一弾で、警察庁長官官房総務課長から 第二弾で、大森署長に左遷され この第三弾でも、引き続き大森署長です。 自分の妻からもいわれる「唐変木」ぶりが今回も快調です。 話の内容は、アメリカ合衆国大統領が来日することになり、大統領来日までの警備組織作りとテロ対策、未然防止の捜査についての物語。大森署署長の竜崎が、なぜか第二方面本部長をさしおいて、方面警備本部長に任命され、竜崎は警察内部の罠かと一時は疑うが警備体制つくりとテロ対策捜査が始まり、竜崎の目... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/04 20:20
読後感:廃墟に乞う 佐々木 譲
だいぶ前に図書館に予約していたこの本を第142回直木賞受賞というタイミングで読むことが出来ました、この後この本を待っている人が528人となっています。私は、この人の本なのでかなりこった内容の警察物だと勝手に思いこんでいて、短編集とは知りませんでした。 内容は「オージー好みの村」・「廃墟に乞う」・「兄の想い」・「消えた娘」・「博老沢の殺人」・「復帰する朝」の六篇からなっていますが、ある事件をきっかけに心を病み休職中の北海道警察本部捜査一課の敏腕刑事だった仙道孝司が主人公の連作になっていて、やっと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/03 21:46
読後感:完黙 永瀬 隼介
1.東京から来た男 2.秘密捜査 3.昔の男 4.完黙 5.師匠 の五編からなる短編集 最近、無理やり話を長くしている小説があるように感じることがあるので、一つの事を簡潔に書いている短編も良いと思いました。 この人の本は初めて読みましたが、なかなか面白くて気に入りました、しばらくは、この人の本を読み続けそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/28 22:37
読後感:団塊の青春 中村 一夫
昭和42年、地方から東京に出て4年間の大学生活を送った学生のお話で、当時の多くの若者が悩み行動したことを書いている、大学で知り合った友人、政治や学園紛争に対する考えや行動など、作者の方の年齢からして団塊の世代そのものの青春物語(学生生活)だと思いながら読みました。この中でゼミの教授が「時代の転換期に大学で4年間を過ごす事で、考える力、問題に対処する力を伸ばす事が出来たはずだ、これからも常に問題意識を持ち続け、事態を批判的に把握する人間なってほしい」と発言しているが、私もこのころ、大学の4年間で、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/27 18:29
読後感:震度0 横山 秀夫
阪神淡路大震災の起きた1月17日に700km離れた「N県警」の警務課長が謎の失踪。この警務課長は、本部長をはじめとする幹部たちから厚い信頼を受けており、「失踪」の真実に迫ることは、「N県警」の闇に迫ることでもあり、その中で幹部たちの醜い主導権争いも過熱していく。 主要登場人物はキャリアの本部長と警務部長、準キャリアと呼ばれる警備部長、ノンキャリアの刑事部長と生活安全部長と交通部長。この6人とその家族たちの会話が中心の話で、それぞれの思惑が交差する中で「失踪」が呼び起こした波紋は、幹部たちに阪神淡... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/26 20:25
のだめの曲を聴きながら編んでます
昨年来我が家では 相変わらず『のだめカンタービレ』の曲が 部屋中を埋め尽くしています それに加え寒い季節でもあるので より一層家の中に閉じこもり気味の私・・ これもまた 特別クラシックファンでは無かった私のような者までも 飽きずに聞き続けられる選曲なのか・・? ドラマや映画効果なのか・・? 不思議なくらい飽きる事が無い これって一種の中毒 ひょっとして神様に 「だらだらどうでもよいテレビばかり見ていないで 少しは良い音を聞きなさ〜い!」と 言われているかの様な錯... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/26 14:31
読後感:暴雪圏 佐々木 譲
駐在警官・川久保篤シリーズの第2作目。 3月の彼岸頃に北海道東部では、厳寒期とは違う湿った重い雪が吹き荒れ、嵐による暴風と暴雪が組み合わさり、交通網が完全に遮断されてしまうことも珍しくない、彼岸荒れと呼ばれる嵐の日。川久保が発見した一部白骨化した変死体、会社の金庫の中の2000万円を奪う計画を立てる会社員・西田、出会い系サイトで知り合った男と縁を切りたい主婦・明美、暴力団組長の家に強盗に入った男・笹原、組長の留守に強盗に入られ、姐さんを殺され面目丸潰れの組員・足立、義父の魔の手から逃げたい少女... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/20 00:34
のだめカンタービレには感動!!
昨年暮れからすっかり『のだめカンタービレ』に取り付かれ ドラマ1話からinヨーロッパ編まで一挙に見直し・・いざ映画館へ・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/06 13:21
NORAD サンタはもうすぐ神戸上空
メリークリスマス ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/24 23:21
何故かまた韓国ドラマにハマッてま〜す
日頃お世話になっている友人へ 感謝の気持ちを伝える小さなプレゼントに、 マフラーなどを止めるピンを毛糸で作ってみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/16 13:35
読後感:砂冥宮 内田 康夫
ご存知浅見光彦シリーズ最新作(?)  泉鏡花「草迷宮」のモデルになった三浦半島の旧家で、浅見光彦が取材をした老人は近所に出来るゴルフ場に異常にこだわり建設に反対する。そして「金沢へ行く」と言い残して数日後、北陸の内灘の近くの小松市の安宅の関跡で死体となって発見された。事件は泉鏡花「草迷宮」はほとんど関係なく、戦後に起きた内灘米軍射爆場反対闘争にさかのぼり闘争に参加した人間模様に原因があったという物語で、今回は決まりごとのようなお兄さんがらみは余り無い珍しいストーリーです。この人間模様は以前書い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/10 19:47
読後感:壷霊 内田 康夫
 京都の老舗骨董店・正雲堂の嫁である伊丹佳奈が失踪した。嫁ぐ際に持参した高価な高麗青磁の壺“紫式部”も消えている。残された唯一の手がかり、縁切り神社・安井金比羅宮の形代には、佳奈と夫の離縁を祈願する内容に、見知らぬ女性の名前と住所が添えられていた。その紫野の住所で浅見光彦が発見したのは、何と紫式部の墓。しかも、壺を“紫式部”と名付けた男は、7年前に変死しているという…。京都町家暮らしという条件に惹かれ、佳奈の娘千寿の依頼を引き受けた浅見は、いつしか怨霊や生霊の息づく古都の底知れぬ深みにはまってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/10 19:43
読後感: リオ 警視庁強行犯係・樋口顕  今野 敏
 この本では三件の殺人事件が発生する。その現場では美少女の姿が目撃され、この美少女の美しさに圧倒された風変わりな警察官が無実を信じて独自の捜査をし最後には真犯人を逮捕すると言うお話です。 この風変わりな警察官は自分に全く自信がもてず何時も人の目を気にしたり、強引な捜査も出来ないと言う警察官としてはかなり弱気な刑事である。 しかし、この事で容疑者などからは信頼され結果的に話を聞き出す事が出来るという皮肉な評価を上司から受けたりもすることになり本人としては益々人の目が気になるなど真に弱気な警察官... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/07 20:25
マーガレット完成
以前、母から「首周りが寒いのでマフラーを編んでね」と言われ 小さめのマフラーを作ってプレゼントしたのですが クリスマスも近い事ですので今度はマーガレットに挑戦してみました。 毛足の長い毛糸のため『ぷわぷわ・暖か』 袖をボタンで留めているので、はずせばショールにもマフラーにもなる優れものです これは2005年のおしゃれ工房に載っている編み図を参考にして編みました ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/03 17:02
読後感:眠たい奴ら 大沢 在昌
読む本が無くなったので図書館で適当に選んだ本ですがかなり面白い話でした。 東京の100億以上も稼ぎのあったやり手のヤクザが30億の損を出した為に、居場所が無くなりこれからのことを考えるために昔面倒を見て今は堅気の弟分を頼って温泉と新興宗教教団で成り立っている地方都市に行き、そこで一目ぼれした女性やその女性がかかわる新興宗教教団をめぐるトラブルに巻き込まれ、このトラブルを仕組んだ大阪のヤクザやこの地方の腐敗警察官を狙っているおかしな大阪の刑事と一緒にヤクザとしてではなく男として解決しようとするお... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/02 23:30
おじんとおばんのある日の会話
おじんとおばんのある日の会話@ニュース番組を見た後で・・・   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/27 23:12
我が家もそろそろクリスマスバージョン
もうすぐ12月 雑用に追われながらも 『ウキウキ』心待ちにするのはクリスマス。 幾つになってもクリスマスは楽しいもの。 子供だけの楽しみじゃありません。 ひと月前から・・少しずつ・・・・心待ちしながら・・ 家の中の、ところどころ雰囲気を作っていくのが楽しみなんです。 ツリーを飾るのも良し、お菓子やお料理を作るのも良し、コンサートに行くのも良し、 兎に角このひと月は毎日クリスマスソングを耳にして充実した計画を立てたくなります。 皆様はどんな計画を立てるのでしょうか とても楽... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/26 13:09
読後感:ジャパン・プライド 江波戸 哲夫
この本はリーマンショック以後のメガバンクを描いた本ですが、人事などを中心としたドロドロした物語ではなく、プライベートバンキングを目指している銀行のエリートや、最前線でお客に対応するフィナンシャルアドバイザー(FA)等を描いている物語です。 面白いと感じたところはプライベートバンキングを目指していてもエリートと一般のFAでは対象にする人間も違えば扱う金額も違うところが描かれていたり、その他取引先に見込まれて企業経営者になった元行員の対銀行問題の苦悩や取引先中小企業の再建問題の解決に当たったり取引... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/23 16:46
古い糸を生かして
やっと完成しました。 年は取りたくないものです 直線縫い好きで減らし目が苦手な私ですので 網目記号図を必死に目で追いながら編んでいたはずなのですが 何と前身ごろを左右反転せず同じものを二枚作ってしまったり、段を間違えたり、・・・ 古くて細い糸なので幾度もの編み直しに絶えられるかどうか心配したり・・・ おまけにテニスもしていないのにテニス肘になったり・・・ 色々ありましたがほんとにやっと出来上がりました。 繊細でやさしい感じに出来上がり、即クリスマスに着ることに決めました。 ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/17 11:25
今年最後の収穫
今年最後の収穫はヤーコンです ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/15 14:34
読後感:告発 鬼島 紘一
 この話は旧国鉄の所有する土地の処分にかかわる入札における難波組というゼネコンの不正を描いている内幕暴露的小説で実際にあったのではと思わせこのゼネコンはどこの事だろうと思わせます。  内容は難波組が談合発覚による指名停止処分を受け業績悪化に悩みどうすべきか悩むところから始まり、神戸大地震の発生とその復興工事で一息つくことができ大手ゼネコンの一角に位置していた昔のように復活したいと願って新規事業を模索するところから旧国鉄の汐留、品川、八重洲、丸の内等の土地処分の落札とそれに伴う工事受注による業績... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/09 20:52
民主党新人議員様
民主党新人議員様 初めて当選された民主党国会議員の方は何のために国会議員になったのでしょうか? 国の為に、働くためなったのではないのですか。 それなのに民主党新人議員研修が優先され、それ以外はほとんど何も出来ない今の現状に何も疑問を感じないのでしょうか。 あえて言わせてもらえば小澤さんの言う事を一言一句聞いて言われたとおりにしていれば満足なのですか。 選挙運動だけをやる議員の為に国民は一人頭3千万もの税金を使っているのでしょうか まるで幼稚園児が入園して先生から園生活のやり方を教えて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/05 20:47
お元気ですか 『マイケル』
今日はハロウィン。 子供を持つ家庭では 楽しいパーティーが行われているのでしょうか。 私の子供達の頃は無かった行事なのでよくは分からないのですが、 兎に角、楽しい事は大いに結構。 どんどん取り入れたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/31 22:56
読後感:朝倉恭介 Cの福音 完結篇 楡 周平
Cの福音から始まる6連作の完結編を読みました。 ある偶然の出会いで朝倉恭介の正体にたどり着いたもう一人の主人公川瀬雅彦(この部分はあまりに偶然過ぎる気がする)が使用した連絡方法からエシュロンまで使って朝倉の居場所をさがしていたCIAに察知される、それはマフィアの一員だった朝倉恭介を最強の戦士に育て使命を与えてしまった自分たちのミスを隠すため朝倉恭介を抹殺する事を決め追っていたCIA、それが分かっていながら日本での最後の仕事をやり遂げようとする朝倉恭介。 私は朝倉恭介シリーズ4作のうち3作を読... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/30 22:34
いつか行く道 母の気持ち
以前、テレビで 『手紙』〜親愛なる子供たちへ〜 と言う本を介護の現場の人達が紹介していました。 それを見て『感動ウルウル』になった私は、 早速その場でテレビから流れる詩をメモり、年老いた母に伝えました。 「この詩は、ばあちゃんたちの気持ちを歌った詩だね」などと言いながら・・・ それが、ひょこり忘れていたころに図書館から連絡が・・ ・・何せ大変出不精な私なので、何時も気になる本はまずパソコンで図書館に予約しています。 これが、結構便利でお勧めです。 そんな事はさて置いて、 本を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/28 19:37
難問・数独4問
   やった〜!ポケット数独6完全制覇  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/27 22:10
読後感:Cの福音 楡 周平
この人のデビュー作をやっと読みました、この作者はデビュー作の時点ですでに6部作の構想を考えての作品だったとの事、以前にも書いていますが作家とは・着眼点、構想力、展開力そして当然ながら文章力・・・すごいの一言です。主人公朝倉恭介の生い立ちや境遇そしてマフィアの一員となり今までに誰も思いつかないような方法でのコカインの日本への密輸ルートの確立、用心深く自分の痕跡を残さない販売ルートを作り上げそして当然ながら既存のコカイン密売組織の台湾マフィアとの抗争、その抗争に絡んで自分を裏切りその人間の存在が自分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/22 21:42
読後感:ターゲット 楡 周平
CIAに嫌々ながらも罠にはまった形でスカウトされた主人公朝倉恭介がボツリヌス菌を組み込んだインフルエンザウィルスにもう一つの遺伝子を組み込まれた生物化学兵器によるテロ防止のために活躍するお話。この本でも主役は北朝鮮、本当にこの国は何でもやるというイメージが強いので納得してしまう怖い話、そして以前にも書きましたが起こりえる事件がおきていないのは合法非合法にかかわらずに活動している組織があるからではないかと思ってしまいますがどうなんでしょうか? それと男ってどうしてこのような主人公のスーパーマンぶり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/18 00:03
芋ニョッキ挑戦
今日は土曜日。 朝食を取りながら辛坊さんのウェークアップを見、 朝日新聞のBeパズルを、大好きな数独から挑戦する。 これが、私の土曜の朝の至福のひととき。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/17 15:35
黄ばんだ糸も目隠しリフォーム
昔々、もう20年以上前から母の家に眠っていた、古い毛糸を譲り受け、 今回は 『チャレンジ。』 我が家に貰い受けてからも、かごの中で数年、 真っ白だった毛糸もところどころ黄ばんでしまい、 「どうしたものか」と悩んでいたのですが、 こんなに可愛く出来上がりました。  胸元のドアップ写真 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/10/15 09:42
今日は秋晴れ
今日は、日本全国体育の日。 昨日の天候とは打って変り、朝から『チョ〜!』秋晴れ!。 それぞれの運動公園では様々な大会を行っているのだろうと、 私達、夫婦も朝から『わくわく。』 計画通り、千歳の青葉公園と言うところへ、初めて行って見ました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/12 22:05
ひたすら健康的な一日
今日の天気は、曇り、時々晴れ、のち雨・・・一時ひょう。何とも、はぁ〜忙しい空模様です。 そんな気まぐれな天候を横目に今日は姉の通うジムに誘われて、一日体験ジムに出発。 まず、ストレッチを入念にこなし、ランニングマシーンへ。 散歩と違い、景色や感動は無かったが、 左右でひたすら走る人の姿に何やら圧倒されかかり 私も真剣にひたすらがんばり早歩き?!。 頭の中はオイッチニ、オイッチニ、の掛け声だけ、 それ以外は考える事が思いつかないので こう言う時はやはり、携帯音楽プレーヤーのようなの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/11 23:52
読後感:無限連鎖 楡 周平
以前この欄で書いたこの人の本プラチナタウンとの違いにビックリ,アメリカの主要都市のトンネルや橋を破壊するテロから始まりどう展開するかと思っていたら、作者が日本人なので当然ですが日本が舞台になります。 このような事は現実に起こり得ると思いながら現実に起きていないのは各国政府の公安部門がしっかりガードしているので起きないのかと色々思ってしまうところです。 最後の場面の究極の選択を迫られたところではこれしかないとは思いながらやはり日本では通用しそうもないと思ってしまうのが残念。 タッチの差で「ア... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/09 23:41
読後感:熱き血の誇り 逢坂 剛
開発中止になり廃棄したはずの人工血液が隠匿され、輸血を認めない宗教団体によって使われようとしその為に人体実験され死んだホームレスから始まり、特殊な血液型血液を必要としている北朝鮮のVIP、その血液の持ち主である主人公その主人公の勤める製薬会社(以前世の中を騒がせた血液製剤製造会社を思わせる)、地元暴力団の表企業である産業廃棄物処理企業がからみあい話が展開する、わたしの感想としてはスペイン人家族の部分の必要性が良く分からず要らないと思えるがかなり面白かった。最後に一言「小説家とはよくこのようなその... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/02 21:49
読後感:警官の紋章 佐々木譲
道警シリーズ第三弾 話の内容はいくらなんでもこんな事はありえないと思うけど いや、本当にあるのかもしれないと思うような内幕的な話で 相変わらずこの人の本は面白いと思わせるが 最後が今ひとつ物足りないような、あっけないような感じで終わってしまって残念 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/27 22:14
ナノ粒子って危険ナノ??
先日読んだ本の中に ナノ粒子が人体に入った時の 毒性への不安について書かれていました。 ナノ粒子は非常に小さい物質のため 呼吸器や体表面から呼吸されやすく 安定しているがゆえに分解されず (アスベストのように) 体内に蓄積される事が問題視されているとの事です ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/24 11:57
読後感:プラチナタウン 楡周平
ハードボイルドの多い楡周平さんの本にしては今、日本中でおきうる行政や政治に関する深刻な問題を面白おかしく軽いタッチの表現で書かれており納得してしまう。今、なんでも簡単に行政(公務員)の責任にされてしまう問題を「責任を取るべきは最終的に議会で議員が予算を議決している政治家にもある」改めて感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/22 19:11

トップへ | みんなの「50代以上のblog」ブログ

のらり くらり 50代以上のblogのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる